伊調馨パワハラ問題の黒幕に恐怖の“歩く録音男X氏”が浮上! 誰もが「激ヤバ」と口を揃える恫喝手口とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

パワハラ

,

伊調馨

,

吉田沙保里

,

栄和人

51nGuj+CzEL._SX329_BO1,204,203,200_.jpg
一日一日、強くなる 伊調馨の「壁を乗り越える」言葉

 その瞬間、芸能記者からはタメ息が漏れた。レスリング伊調馨選手と栄和人監督をめぐるパワハラ問題で、「週刊新潮」(新潮社)と「フライデー」(講談社)が揃って騒動の黒幕に言及。新潮によれば、内閣府に告発文を提出したのは、渦中の人物である田南部力コーチと、バルセロナ五輪代表の安達巧氏。さらにこの2人に告発文提出を勧めたキーマンとして、伊調の従兄弟を名乗るX氏の存在を指摘した。「X氏は過去のイベント出演をめぐり、栄氏とモメ、以来逆恨みしている。今回も周囲に栄氏の悪口を吹聴していたそうです」とはスポーツ紙記者。

 双方のトラブルの詳細は割愛するが、問題なのはこのX氏の素性だ。新潮とフライデーによるとX氏は伊調馨の従兄弟で、40代前半。過去に芸能事務所を経営し、在籍していた女性タレントから100万円を脅し取り、4年ほど前に恐喝容疑で逮捕歴があるという。さらに昨年フライデーで写真付きで報じられた“芸能界美人局スキャンダル”の首謀者で、録音・盗撮・脅しを生業とし、相手から金を巻き上げる激ヤバ人物であることも判明している。

「Xはほかにもブラザー・コーンの暴力事件に深く関わり、ガッツ石松、コージー冨田ともトラブルになっている。他人との会話はすべて録音し〝歩く録音男〟とも呼ばれている。しかも録音テープを自分で勝手に編集。何気ない会話を問題があるように見せかけるから恐ろしい。相手の弱みを握ってゆする典型的な芸能ゴロです。栄氏はパワハラ疑惑以外にも、この男に弱みを握られているそうです」(同)。

関連キーワード

コメント

2:匿名2018年3月12日 00:52 | 返信

有名人の親戚や同級生と名乗りTVに出る奴は だいたい素性が怪しいよな
有名になったとたんに 親戚増えた!と言ってる人 よくいるじゃん

1:匿名2018年3月11日 21:47 | 返信

何や相撲協会よりも黒い話になってきたな。伊調も可愛そうにな 栄監督は自業自得というところかな

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。