【悲報】女性の”Gスポット”は存在しなかったことが判明! 究極セックス体位「CAT」を医師が激推し!

【悲報】女性のGスポットは存在しなかったことが判明! 究極セックス体位「CAT」を医師が激推し!の画像1画像は「Thinkstock」より引用

 男女の違いはさまざまあるが、その1つに「オーガズム・ギャップ」と呼ばれるものがある。ある研究によると、(異性愛者の)男性は95%の確率で性行為中に絶頂に達するのに対し、(異性愛者の)女性は66%にとどまるという。ここには明らかな不均衡があるのだ。


■女性をオーガズムに導く方法


 海外メディア「The Conversation」(6日付)は、そんな不均衡を打破し、女性の絶頂を導くための2つのアドバイスをしている。1つは自分に自信を持つこと、2つ目はパートナーを気遣うこと。マスターベーションとは違い、セックスはパートナーとの共同作業である。お互いを気遣い楽しむことが何よりも重要だという。

 しかし、心理的アドバイスにとどまらない、もっと本質的な改善策はないのだろうか? 面白いことに、同性愛者の女性は86%の確率で性行為中にオーガズムに達するというデータがある。なぜ、異性愛者の女性は同性愛者の女性よりも20%もオーガズムに達しにくいのだろうか?

【悲報】女性のGスポットは存在しなかったことが判明! 究極セックス体位「CAT」を医師が激推し!の画像2画像は「Thinkstock」より引用

 心理面が最大の問題だとしたら、男女のカップルでも女女のカップルでも同程度の確率でオーガズムに達していないとおかしいだろう。やはり、男女の身体構造の違いが女性のオーガニズムに関係しているのでは……?

 英紙「Daily Mail」(12日付)によると、ノルウェー人のニーナ・ブロックマン医師とエレン・ストッケン医師の共著『The Wonder Down Under(アソコの不思議)』に、そのヒントが書かれているという。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ