元SMAP「新しい地図」の“2つの仕事”にジャニーズ事務所が焦り! 本格的な嫌がらせが始まるレベルか!?

関連キーワード:

,

 SMAPを「クビ」となったメンバーである稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾からなる新しい地図。一時期は、古巣ジャニーズ事務所の嫌がらせを受けているとの報道もあったが、着々と活動範囲を増やしていている。そんな中で、ジャニーズ事務所を焦らせたのが、ネットでの展開だ。

「生放送番組や、SNSでの活躍など、ジャニーズ事務所では真似できないようなネット展開を急速に行い、結果として大きな話題となりました。ジャニーズがYouTubeでのチャンネル開設やネットニュースへの肖像権の開放を行ったのも、少なからずこの3人の活躍が影響しているといえるでしょう」(スポーツ新聞記者談)

 さらに意外なプロジェクトがジャニーズ事務所を焦らせている。

「日本財団パラリンピックサポートセンターが主催する『パラ駅伝 in TOKYO 2018』にゲスト出演し、新曲となる楽曲まで披露しました。3人の出演で、会場はチケットが取れないほどに超満員に。3人だけでも数万人規模の動員があることが証明されました。しかも、ジャニーズ事務所を焦らせたのは、このイベントがパラリンピックに関連していること。ジャニーズは嵐を中心として、2020年のオリンピックに合わせて熱心なアプローチを続けています。そんな中、元SMAPの3人がパラリンピック関連の仕事をしたのですから歯がゆいところ。今回は、元SMAPのマネージャーであり現在の3人のプロデューサーである飯島三智氏が、広告代理店を通さずに自分の人脈で取ってきたそうです」(スポーツ新聞記者談)

 さらに、草なぎ剛のCM出演もジャニーズが気にしているという。

「元ジャニーズの本木雅弘と共演をした伊右衛門のCMです。草なぎ剛が意味深なセリフを話すこのCMでは、本木との共演もあり大きな話題となっている。ジャニーズとしては、本木と草なぎの共演についても、また意味深なセリフも気に障っているようです。実は、噂になっていたジャニーズ事務所の嫌がらせはここまではなかったのですが、こうなると本格的に広告代理店やテレビ局を巻き込んだ嫌がらせが始まる可能性は高いです」(週刊誌記者談)

 まだまだ、元SMAPとジャニーズ事務所の対立は続いていきそうだ。

TOCANA編集部

地震予知、不思議科学、UFO、オカルト、世界遺産など知的好奇心を刺激するニュースを配信
Twitter:@DailyTocana
Instagram:tocanagram
Facebook:tocana.web

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

元SMAP「新しい地図」の“2つの仕事”にジャニーズ事務所が焦り! 本格的な嫌がらせが始まるレベルか!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル