【心理テスト】“選んだ曼荼羅”で分かる「あなたの特殊なパワー」が当たりまくる! 破壊、魂、忍耐、想像…!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

,

0319mandara-2.jpg画像は「Thinkstock」より引用

3. 均衡

 この曼荼羅は数字の「6」が秘める神秘の力を表している。男と女の相反する力が二つの三角形を形作っている。あなたの力は内にある様々に相反するもののバランスから生み出されている。

4. 忍耐

 古代ギリシアのオリュンポス十二神、キリストの12使徒、一年の12ヶ月。この曼荼羅にも含まれる「12」は様々な意味で重要な数字である。調和と共に時間を過ごすことであなたは力を得られる。あなたは忍耐強く、進化に有利な性格を備えている。時間の流れがあなたの計画を完璧なものにしてくれるだろう。

5. コンパス

 この曼荼羅は数字の「8」と知恵の車輪を元に描かれている。それはいくつもの選択肢が提示される運命の交差点であるが、行き止まりは存在しない。あなたは正しい決定、最良の選択をすることができる。あなたの内側では正しい道を示すコンパスが常に良い方向を指し示している。

6. 創造者

 6つ目の曼荼羅は1つ目の曼荼羅と対をなすもので、創造者を意味している。光や人生、健康、平和、富のシンボルである。あなたの力は調和と創造に満ちたもので、何もないところに何かを作り上げるために邁進し続けるだろう。

(編集部)

参考:「The Mind Journal」ほか

関連キーワード

コメント

1:匿名 2018年3月20日 10:20 | 返信

上から見て、左回りの気を練ると霊力が高まります。と言うか、
魂が使う「霊力」を実際に使うのは、肉体ではなく、気で作り出した「幽体」と成ります。
惑星も、北を上に左回り
実は惑星も霊力で、地球の生物が棲める環境を維持しています。
なので、
古い言葉で、幽体を「アストラク・ボディ」霊力を「アストラル・パワー」と表現しています。
逆回り(時計回り)を「チャクラ(逆螺)」と言います。
古い言葉で「ニビル」と言うのは「金星」の事で、自転が右回りの金星を観察すれば、
右回りの「具体的な効果」を見る事が可能となります。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。