【心理テスト】最初に見えたものでわかる“人間関係における弱点”が怖いほどガチ! 問題克服して恋人・愛人をつくるヒントがここに!

関連キーワード:

,

,

,

0320test-2.jpg画像は「Thinkstock」より引用

■果物を摘む人影

 果物を摘もうと腕を伸ばす人影が最初に見えたという人は、明確な野望を抱いているタイプである。子どもの頃から自分がどうしたいかをわかっており、その夢や希望を叶えるためにあらゆる選択肢を知り、行動を起こしてきたタイプだ。

 このタイプは、自分の目標に重点を置いているため、他者から親しくなりたいと思われていることに気づかない場合がある。特に、ロマンティックな関係を持つチャンスを逃している場合がある。目標達成のために努力を続けることも大切だが、自分にとって重要な愛を見逃すことのないよう気をつけよう。


■鳥

 画像を見て、最初に鳥に目がいったという人は、しばしば空想にふけっているタイプだ。生まれながらの夢想家であり、そのことは自分ではどうにもならない。しかし、空想によって世界を安全で安心な場所に変えられる能力は天からの贈り物といえる。夢想家とは、世界を特別な視点で見ている人のことでもある。その夢を周囲と共有すれば、皆も特別な気分になれるだろう。

 一方でこのタイプは、世界が自分の望むように変わってしまうと思ってもみなかった悲惨な現実に失望することがある。恋愛関係はその一例かもしれない。例えば、理想の相手を手に入れたと思っても、がっかりするような側面を見つけて幻滅するなど。だが、パートナーのすべてが素晴らしい関係を作る材料とはならないことを飲み込めるなら、その時こそ理想のパートナーであると自信を持てるかもしれない。

関連キーワード

コメント

1:匿名 2018年3月23日 03:09 | 返信

左上に天使?が見えてるんだが、その診断は無いのか。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。