【緊急警告】3月中に東日本大震災が再来か!? 独自調査で判明、巨大地震は3・8・11月に発生しやすい!

3112_2.jpgイメージ画像:「Thinkstock」より

 日本は年に2千回以上の有感地震が起きる地震大国だが、1年のうちでいつ大きな地震が起きやすいのかわかれば、防災上極めて有益だろう。ネットでは「大地震は冬季に多い」とする説も囁かれているが、これは果たして本当だろうか。大地震の発生時期に関する数々の研究結果やデータを筆者が独自に調べてみたところ、意外な事実がわかってきた。やはり、大地震の発生時期には、季節による“偏り”が見られるのだ。


■大地震が集中する季節は地域によって異なる!

 気象庁海洋課の岡田正実氏が1981年に発表した「日本付近の大地震発生の季節変動と地域性」と題する貴重な論文がある。これはズバリ、日本で発生する大地震に季節による変動があるかどうか、1884年以降の被害地震(M7.5以上)と浅発地震の発生月を集計・分析したものである。その結果明らかになったのは、日本国内でも地域ごとに大地震の発生が集中する季節が異なることだった。

 岡田氏の調査では、国内を千島沖(K)、親潮域(A、北海道~宮城県付近の太平洋)、黒潮域(B、宮城県以南~九州の太平洋沖)、冬季に積雪や凍結が多い地域(S)、その他の本州内陸(I)に分けて分析している。まず、海上が震源となったM7.5以上の大地震については、以下のような傾向が見られた。

・ 千島沖(K):4回すべてが8~11月。
・ 親潮域(A):14回中10回が3~5月、11回が春~夏に集中。
・ 黒潮域(B):24回中19回が8~12月(11~12月が最多)。

 また、内陸部ではM7.5以上の地震が非常に少ないため、「M7.0以上」と下限値を下げて集計された。その結果、以下のような傾向が見られた。

・ 冬季に積雪や凍結が多い地域(S):春から夏に集中。
・ その他の本州内陸(I):6~9月に集中。

 このように、一口に「日本で起きる大地震」といっても、地域別に見ると発生する季節に偏りが見られるのだ。海溝型の大地震は、黒潮(日本海流)や親潮(千島海流)に影響されているのかもしれない。

人気連載
6月1〜7日「自粛明け直後のアナタを襲う不幸」がわかる4択占い! トラブル連発の予感… Love Me Doの助言で回避!

6月1〜7日「自粛明け直後のアナタを襲う不幸」がわかる4択占い! トラブル連発の予感… Love Me Doの助言で回避!

■2020年6月1日~7日「今週の不幸を回避し、運命を劇...

人気連載
村人すべてが穴兄弟で竿姉妹!? 「村の平和のため」浮気SEXを黙認する村が東北に実在した!

村人すべてが穴兄弟で竿姉妹!? 「村の平和のため」浮気SEXを黙認する村が東北に実在した!

【日本奇習紀行シリーズ 東北地方】  縁は異なもの味なもの...

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ