【閲覧注意】スキーのリフトが暴走するとこうなる! 高速回転でスキーヤーを投げ飛ばし… 絶望的事故で地獄と化すゲレンデ=ジョージア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

20180327_ski_01.jpg
画像は、「YouTube」より

 ジョージアのコーカサス山脈に位置するスキー場で今月16日、スキーリフトが故障してスキーヤーを宙に投げ出し、11人が負傷する事故があった。この事故の様子を映した動画がSNSなどに投稿され、瞬く間に世界中に拡散された。そんな動画のいくつかをYouTubeから紹介しよう。

 リフト乗り場を収めた動画には、高速回転するリフトがスキーヤーを放り出す光景が映っている。リフトには遠心力が働くため、スキーヤーたちは勢いよく宙を舞い、雪の積もる地面に落下した。一方、ロープから外れたリフトは、激突音を響かせながら次々と積み重なっていく。これらのリフトに激突するのは危険であるため、人々はリフトに乗っているスキーヤーに、乗り場に到着する前に飛び降りるように指示したという。そのため、リフトからポロポロとスキーヤーが落ちていく――。

 乗り場で倒れているスキーヤーを捉えた動画もある。周囲の人々は彼を救出しようとするが、高速でリフトが突っ込んでくるため、なかなか近寄れない。リフトが止まった後、人々が救出に向かう。雪の上にうつぶせに倒れている男性は、苦痛に顔をゆがめながら、這いずってその場から離れようとするのだった。

 事故の原因については現在調査中だ。海外メディアの中には、オペレーターの誤操作を指摘する記事もあり、人災の可能性も浮上している。ジョージアのニュースサイト「Georgia Today」によると、内務省は、鉄道、船舶、航空、ケーブルカーなどの安全な運行を妨げたものを罰する刑法第275条に基づいて事故の調査を開始したという。

 ジョージアの第一副首相で持続可能な開発大臣も兼任するディミトリ・クムシシヴィリ氏は、病院に搬送された外国人負傷者を見舞い、来年彼らをジョージアに招待することを提案した。また、民間企業のRED-COは事故に関する声明を発表し、負傷者全員を「Gudauri Resort Residences&Spa」(複合型大型リゾート・スパ施設)に無料招待するとした。

 今回の事故のようにスキーリフトが暴走するのは珍しいが、スキーリフトの事故は毎年各地で起こっている。栃木県那須町湯本の那須温泉ファミリースキー場でも今月11日、小学1年の女児(7)がリフトから転落して重傷を負った。こうした事故を防ぐためにも、スキーヤーはスキーリフトの正しい利用を徹底する必要がある。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。