【独占】冤罪を訴える俳優・庄司哲郎が覚醒剤逮捕のウラを暴露!「謎の女、小倉智昭、宇宙人とバトル、陰謀」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

――ヤク中なんですね?

庄司  そうです。で、そういう変なことがあったから、もうN・Sには関わりたくないと思っていた。だけど、また骨董屋のオヤジから「N・Sにどうしても返さないといけないものがあるから運んで欲しい」と頼まれた。

 俺は「気持ち悪いし関わりたくないから絶対に嫌だ」と拒否したんだれど、オヤジから「これで最後だから頼む」と泣きつかれて……。仕方なく、これっきりだと思って引き受けたんです。

sj10.jpgパケを握らされた様子を再現

 そして、2回目にN・Sの家へ行って、骨董品を置いて帰ろうとした時でした。N・Sからいきなり手をつかまれて、何かを握らされた。握らされた物を見ると、白い粉が入ったパケだったので、俺は「やらないって言っているだろう!」と投げつけて飛び出したんです。

 すると、N・Sは家のドアをガチャっと閉めてから「指紋がべったりついたパケをゲット!」というメールを送ってきた。さらに、「指紋がついたパケを持っていけば、あなたは警察に捕まる」とメールが来た。

 頭にきていたので「勝手に持って行けばいいじゃん。その前にお前が逮捕される」と返したら、「あたしは絶対に捕まらない」と。「捕まらないし、覚醒剤を一生やめるつもりはないから。あたしの夢は覚醒剤で作ったマリア様を家に置くことだ」と。

 これは俺の予想だけど、たぶん、N・Sは隣の骨董屋のオヤジにも覚醒剤を打っていたのかも知れない。だんだんオヤジの言動がおかしくなってきたから。それで、“金づる”として何も引き出せなくなったから、今度は俺に乗り換えようとしたのかもしれない。


■N・Sによるストーカー行為の数々を完全暴露

sj09.jpg庄司氏のスマホ(スクリーンショット)には同じ番号からの着信がずらりと並ぶ

――庄司さんは、N・Sと出会ってからというもの、なぜかずっと執拗に迫られていたんですね。

庄司  とにかくストーカー行為がすごかったんです。1日に何度も電話が来る。切っても切ってもかかって来るから、一度出てから電話をミュートにしたまま放置したことがあって。2、3時間してから、もう切れているかなと思って電話を見ると、まだつながったままなんです。それで、耳をすまして聞いてみると、N・Sが独り言をずっと喋っているんです。覚醒剤で頭がおかしくなっているんだと思う。

――庄司さんの周囲でも、ご自身がN・Sにストーカーされていることは有名な話だったんですか?

小路谷秀樹氏(以下、小路谷)  有名でしたね。私は、とあるネット番組の撮影をしているんですが、その番組の会社が庄司さんのイベントのプロデュースを予定していたんです。すると、そこの制作スタッフ宛に、逮捕騒動の前にN・Sと思しき人物から「庄司さんが覚醒剤をやっている」という匿名メールが来たんです。それで、みんなでビックリしました。

庄司  俺もそのメールを見せられた。それで「何だこれ? まったくデタラメだから。覚醒剤なんか一切やっていない」と話しましたよ。

sj06.jpg林泰子氏(撮影:編集部)

林泰子氏(以下、林)  しかもN・Sは、フェイスブックのメッセンジャーを通していろんな人に庄司さんの誹謗中傷メールをランダムに送り付けていました。私のところにもN・Sから変なメールが来たんです。「庄司さんとは4年前から付き合っている」というような、庄司さんの彼女であることをアピールする内容だったり……。とにかく、沢山の嫌がらせメールが来ました。

庄司  N・Sは、俺がフェイスブックでつながっている女友達をターゲットにしていた。「庄司が覚醒剤をキメたままホテルにこもって、女とセックスしまくっている」というようなデタラメな内容をあちこちに送るんです。

 さらにN・Sが「庄司にセックスフレンドが5人いて、とっかえひっかえ覚醒剤をキメながらアブノーマルなセックスに耽っている」とフェイスブックに書き込んだものだから、それが事実と受け止められて、週刊誌やネットの記事になってしまったんですよ。

コメント

2:匿名 2018年3月31日 17:43 | 返信

N,Sの名前が知りたい。
まさかの知り合いかもと思ったんですわ

1:匿名 2018年3月31日 15:29 | 返信

なんとなく読んでて、ああ小倉の友人の画家の話か、と。覚えてた。
こういう事情があったのかと。警察はN・Sを捜査しないのか、というかいったん起訴したものをひっくり返すのは警察はやろうとしないな。
小倉を貶めるネタで週刊誌に売ったのかなと言う気もしなくもない。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。