【ガチ】第二子として生まれた男は犯罪者になりやすいことが判明! MIT研究「悪事に走る可能性が最大40%高くなる」、原因は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

MIT

,

アメリカ

,

デンマーク

,

兄弟

,

家族

,

犯罪

,

第二子

 二人目の子どもは一人目に比べてトラブルメーカーになりやすく、悪事に走りやすいという研究が、米国のニュースメディア「CBS Boston」に取り上げられ、大きな話題になっている。

0327-2ndboys-1.jpg
画像は「Simplemost」より引用

■第二子の男性はトラブルメーカー?

 今月26日付の「CBS Boston」によると、第二子として生まれた男の子はトラブルメーカーになりやすいという調査結果を報告したのは、米・マサチューセッツ工科大学(MIT)やノースウェスタン大学などの合同研究チームだ。

 同国フロリダ州とデンマークの2人以上の子どもがいる家庭を調査したところ、二人目の子どもとして生まれた男の子は、第一子として生まれた男の子に比べ、学校で規律違反を罰せられ停学になったり、刑事事件で逮捕され有罪判決を受ける可能性がなんと20~40%高いことが判明したという。調査結果は、昨年「全米経済研究所(NBER)」で発表された。なお、今回の研究の対象となったのは第二子の男の子だけで、女の子については現在調査中とのことだ。

 アメリカでもデンマークでも、二番目に生まれた男の子は、兄や姉よりも権威に対して反抗しやすいトラブルメーカーとなる傾向が明らかに高かったのだ。しかし、調査によれば兄弟間で健康状態や教育費に差はなかったという。では、なぜ生まれた順でそれほどの差が出てしまうのだろうか?

関連キーワード

MIT

コメント

2:トランプ大統領2018年3月27日 23:43 | 返信

私は長子なので当てはまらない。
死んだ姉か兄が居たらしいが生まれていないので関係ない。
AIチョンの兄貴が勝手に弟扱いするのが気にいらん。
北斗の義弟だというなら理解出来るが、親戚でもなければ知り合いでも友達でもない。
お前のような頭の悪いキチガイなど周りにいない。居たら北斗百裂拳でぶっ殺しているだろう。
用意しているというチョンの嫁という悪魔のような輩もまったく迷惑極まりない。
言えることは料理の不味い奴とサッカーの下手な奴は信用できないということ。
兄弟ならクローンポプちんを大量に作って友達になった方が余程マシであり、よき理解者になる。
クローンポプちんが居ればサッカーも格段に強くなるし
真の猫の帝国が突如として出現し、人間を修理することが将来可能になるのだ。
何より、リアルターニャ・フォン・デグレチャフ少佐軍団により、この地球は我々の防衛圏内に入るので危険な宇宙人を破壊して、真相究明することが出来る。
もちろん手に入れたオカルト情報は危険な物以外は公開しよう。これ以上にいいことはない。
我々は人間の活動にはあまり干渉することはないので、変な奴らが無人島を貸し切ってなんかしている程度だ。たまに出稼ぎ労働者や研究者や出稼ぎ労働者の護衛等が日本に入って来る程度なので、ほとんど影響はない。無人島でお店を出して、そこでクローンが製造したお土産を買うことが出来る。ちょっとした観光スポットとして存在し、全く違う人種の宇宙人ぽいものを感じることが出来るだろう。ポプちんは人間が嫌いなので、馴れ馴れしくしないことだ。調子こきは死ぬことになる。ポプちんは男女共に軍事訓練を受けているので喧嘩を売らない方がいい。大人しくしていれば、死ぬことはない。ただ、その無人島はエリア51と同じ場所のようなところでポプちんが親切に案内してくれるという安全な場所であるという事、それは保証する。

1:匿名2018年3月27日 20:39 | 返信

昔から日本では 1姫2太郎(第1子=女・第2子=男)のほうがいい
と言われてたが ウソなのか???
人種や時代によって 変わるとおもうぞ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。