• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

20180328_shotgun_01.jpg
画像は、「BestGore」より

 今年1月、人気ユーチューバーのローガン・ポール氏が山梨県青木ケ原樹海で首吊り死体を発見し、それを動画配信して世界的規模で大炎上した。YouTubeは、広告出稿プログラム「Google Preferred」から彼のチャンネルを除外すると同時に、共同開発していた独自コンテンツの制作を中断するという処分を発表。この事件後、YouTubeは不適切なコンテンツを含む動画の規制を強化し始めた。YouTubeの製品管理担当副社長、エーリエル・バーディン氏は次のように述べる。

「1人のクリエイターがとりわけ悪質なことをした場合、たとえば人々が傷つく悪質ないたずらを行ったり、特定の集団に対して暴力や憎悪を煽ったり、残酷さを見せつけたり、閲覧回数やチャンネル登録者を増やすために他者の苦痛を大々的に報じたりする場合、その行為は視聴者とクリエイター、そして実世界を含む共同体にいつまでも消えない傷を残します」

 こうした取り組みがある一方、依然としてYouTubeを含むインターネット上には過激な動画が投稿され続けている。中でも特にショッキングだったのは、今月投稿されたショットガン自殺の生中継だ。海外の過激動画サイト「BestGore」が報じている。

 帽子とマフラーで顔を隠した男性は、英語圏を対象とした画像掲示板「4chan」のユーザーと見られている。彼は、動画開始から5分後に「bye / r9k / 3/14/18」と書かれた紙を掲げた。その後、ショットガンの準備をして銃口を自らの頭部に向けると、引き金を引いたのだった。バンッという銃声とともに彼の頭は粉砕され、天井まで血が飛び散った。しばらくして彼の母親が彼の遺体を発見し、嘆き悲しみながら警察に通報した。

 特定された彼のYouTubeアカウント「Shuaiby」には美少女アニメが数多く投稿されており、いわゆる“オタク”だったと考えられている。そんな彼が、自殺を決意した理由とは何か? 詳細は不明だが、彼がこの世に絶望し、命を絶つ瞬間が世界中に拡散され、視聴者に衝撃を与えたことは紛れもない事実だ。その死は、エーリエル氏の言う通り、世界の人々の心に「いつまでも消えない傷」として残り続けるのかもしれない。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

コメント

3:匿名2018年8月 2日 12:42 | 返信


こういうのを見てると
何とも言えない気分になるね・・・

2:匿名2018年5月19日 16:44 | 返信

なんで死んだ。もうアニメ見られなくなるやん。

1:匿名2018年4月 6日 00:30 | 返信

アニメに囲まれてこんな風に死んで欲しくない。かなしい

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。