【衝撃】ウミガメが超絶進化していたことが研究で発覚! いつの間にか前ヒレで「空手チョップ」するほど“ヒト化”していた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

,

,

,

,

 今回の研究では、アオウミガメ(Chelonia mydas)、タイマイ(Eretmochelys imbricata)、アカウミガメ(Caretta caretta)の三種類のウミガメが調査対象となった。ヒレを器用に操作して叩いたり捕まえたりする行動はイルカやアザラシなどの海洋哺乳類でも知られているが、脳の小さな海生の爬虫類でも同様の行動が見られるというのは、研究者らも予想外だったという。論文は今月28日付で学術誌「PeerJ」に掲載された。

0329turtles-3.jpg前ヒレを使うウミガメの様子。画像は「PeerJ」より引用

■カメ型エイリアンはありうるか

 さて、今回の興味深い発見について、生物学とオカルトに詳しい理学博士X氏曰く、地球外生命体を予測する上でも参考になる成果だという。

「近年、地球外生命が存在する可能性が高いと指摘されているのは海の星です。太陽系内だと木星の衛星エウロパや土星の衛星エンケラドスなどですね。高度な知能を持つ水中生物の進化の可能性を考える上で、非常に興味深い研究だと思います」

 海洋生物に似たエイリアンは実際に予想されている。例えば、理論物理学者カク・ミチオ氏はタコのようなエイリアンの姿を予測している(トカナの記事はこちら)。研究者すら予想外の器用さを見せたウミガメ。ひょっとすると、ミュータントタートルズのようなエイリアンというのもありうるのかもしれない。

(編集部)

参考:「Telegraph」「PeerJ」ほか

関連キーワード

コメント

2:匿名 2018年3月30日 11:23 | 返信

シャコも空手チョップはする。
しかも、ガラスを割る破壊力だ。
知らなかった?
教えてあげたんだから、ありがたく思ってね、TOCANAさんw

1:匿名まさ 2018年3月30日 11:07 | 返信

一体、いつになった配信中止をして下さるのですか3月27日に配信中止のお知らせがありました。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。