【衝撃】「人間はコンピュータである」米有名大学が実証へ! 意識や感情も“量子”で解明、人間観が劇変か!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

■意識や感情の解明も

【衝撃】「人間はコンピュータである」米有名大学が実証へ! 意識や感情も量子で解明、人間観が劇変か!の画像3画像は「UC SANTA BARBARA」より引用

 今回、科学者らが計画している実験は3つ。1つは、量子ビットが原子核を回る電子ではなく、核スピン(原子核の自動運動)上に貯蔵されているか確かめるもの。具体的には、人体に大量に存在するリン原子が生化学的な量子ビットとして機能しているかを見るそうだ。

 次に、量子ビット同士の繋がりと依存性(量子もつれ)が破れる量子デコヒーレンス(量子系の干渉が環境との相互作用によって失われる現象)の可能性を調べるという。我々の脳が量子コンピュータだとしたら、デコヒーレンスを引き起こさないための生体的な仕掛けがあるはずだからだ。

 3つ目に、ミトコンドリアを調査するという。ミトコンドリアは生体のメタボリズムに寄与し、体中に信号を送っている。そのため、脳の量子ビットにおいても重要な役割を担っている可能性が高い。神経伝達物質とシナプスの発火が脳内の量子もつれを引き起こしている可能性があると研究チームは考えているそうだ。

【衝撃】「人間はコンピュータである」米有名大学が実証へ! 意識や感情も量子で解明、人間観が劇変か!の画像4画像は「Thinkstock」より引用

 脳が量子コンピュータだと判明すれば、長期記憶、意識、感情、気付きなど、脳の最もミステリアスな機能を解明する糸口を掴むことになるという。もし意識が量子コンピュータの産物だとすれば、これまでの人間観が180度転回するような大発見だ。物理的なプロセスで意識が発生するならば、理論的には人口知能に意識を持たせることも可能になるだろう。いずれにしろ、全ては実験の結果が出てからだ。フィッシャー教授らの今後の研究に一層期待したい。
(編集部)

参考:「Science Alert」、「New Scientist」、ほか

コメント

4:11次元大介 2018年6月8日 07:24 | 返信

量子スリット実験でなぜ人間には干渉縞が見えるのかが疑問だったが、なんとなくこれでわかる気がする。

3:匿名 2018年4月1日 00:33 | 返信

『劇変』…『人口知能』
『激変』と『人工知能』のはずだがはて…?

2:匿名 2018年3月31日 10:46 | 返信

コンピュータだったなんて言われてもコンピュータの定義がどこまで伸びるかによるでしょ
電気信号を利用して結果を得る機能と考えれば今解ってる範囲でもコンピュータだ

1:匿名江上 2018年3月31日 10:21 | 返信

3月27日に配信中止のお知らせくださいました。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。