• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5
superhuman_1.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

 近未来SF作家でもある気鋭の脳外科医が、今後数十年で“スーパーヒューマン”が登場すると主張している。テクノロジーによって“テレパシー”を獲得した超人の出現は「時間の問題である」というのだ。


■脳とコンピュータが“常時接続”する未来

 脳とコンピュータの接続は「時間の問題です」と昨年11月の「MITテクノロジーレビュー」の記事で言及したのは、米セントルイス・ワシントン大学の脳外科医であるエリック・レアットハルト氏だ。

 脳外科医としての職務の傍ら、レアットハルト氏は近未来を占う2冊の小説と1本の脚本をこれまでに執筆。その目的は「社会の変化に向けた事前の心の準備のため」である。いったいどのように社会が変わるというのか。

 例えばレアットハルト氏の最初の近未来SF小説『RedDevil 4』(2014年)では、人類の90%が脳内にコンピュータ機器をインプラントしている。こうした設定も、もちろん“心の準備”のためであり、レアットハルト氏によれば今後数十年で人間の脳はオンラインでつながり、言語を介さなくとも“心”とダイレクトにコミュニケーションが可能になるという。

「その日がいつ来るのかというだけの話です。その壮大な計画に費やす時間が10年であれ100年であれ、人類史における重要な進展となります」(エリック・レアットハルト氏)

telepathichumans1.JPG
Daily Mail」の記事より

 この数十年の携帯端末の進化に鑑みれば、今後20年程度で今の携帯端末は米粒ほどの大きさになるとしても全く不思議ではなく、脳に埋め込んでも生理学的な負担は格段に低くなる。そして脳へのデバイスの埋め込みによって、人間とコンピュータが“常時接続”し、情報のやり取りはもちろんのこと、五感に訴求する体験の共有が可能になる。他者の体験を容易に疑似体験できてしまうのだ。

 レアットハルト氏はこうしたインプラントを人々は整形手術やタトゥーを行う感覚で手軽に受けている近未来を確信している。

「(デバイスが米粒ほどになれば)最小限度のインプラント手術で済ませることができて、実用的な脳=コンピュータ・インタフェースとして機能するために必要な処理が実行できます」(エリック・レアットハルト氏)

 現在のスマホでできることがすべて脳に埋め込まれた状態で活用できるとすればまさに“スーパーヒューマン”である。テレパシーや千里眼、意識レベルでの瞬間移動などの“超能力”を誰もが持てる時代はすぐそこまでやってきているようだ。

コメント

5:匿名2018年11月17日 16:36 | 返信

たしか1980年代に、次世代通信てことでスタンフォード大かどこかと、この分野の共同研究をしていただれもが知る日本の大手企業のS社は、それ以降急速に衰退したよね。巨費をつぎ込んだものの、裏ではどうだか知らないけど、表向きの成果はまったくなかったとか。エジソンも晩年この種の研究にのめりこみ衰弱したようだが、これに深く関わると人間おかしくなるのかな? 作家やエンタメはともかく、マジでテレパシーとかいってるやつにまっとうな人間ていないような・・・ てのは、ただの偏見だろうか。たしかに、人によっては幻聴だの死んだり離れていたりする身内や他人の声を聴くこともあるようだから、その原因がなんなのか特定するのは難しい、てことはあると思うが。すでに脳のはたらきであることがわかっている「勘」じゃダメなのかな、テレパシーじゃないと。

4:トランプ大統領2018年4月 6日 03:21 | 返信

>>1

いや、脳だろう。
病気でもないのに十円禿作っている奴がやたらいたような。
お前らは人造人間だから、そんなことしなくてもすでにロボットだろうけど。
電磁波で電話を妨害しようかと相談したら
迷惑だとか強い口調で言われたので電波に弱いらしいことはわかっている。
これはTOCANAでも実験したらしいな。私の声が聞こえにくくなったとか?
言っておくが、脳にインプラントをしてテレパシー等そういう類のものを作ったのは私ではない。
人間を作ったのも宗教を作ったのも私たちだと思えない。
只、あるもの利用しているだけ。
スーパーヒューマンになれるどころかロボットになるだけだと言ったはずだ。
反トランプ勢力のようになるし、気持ち悪い頭のおかしい創価みたいなのが増える。
自由でいたいなら、インプラントを外し、チョンとの縁を断つことだ。
既に奴隷となっている人間には無理なことだが
クローンポプちんが沢山居れば、存在Xを滅ぼして、解決出来る可能性がある。

3:匿名2018年4月 4日 16:44 | 返信

20年前の日本のSFにも、そういうのがあったよ。
もうちょっとだけ古くて、体内に携帯電話を埋め込んでいる、という設定だったが。
あれが当たるわけだ。

2:匿名2018年4月 4日 12:28 | 返信

なぜ、脳外科医が瞬間移動を断言するのか?
おそらく瞬間移動とは素粒子の観測をもとにしているのだろう。
素粒子が移動中に「消えたように」観測できなくなる理由は、瞬間移動ではない。
素粒子自身が持つ「重力」が微弱な、素粒子の存在の波長を吸収してしまい。
観測できなくなるだけ、
で、素粒子は依然として存在し付けていて、瞬間移動などしていない。

1:匿名2018年4月 4日 12:21 | 返信

テレパシーを送受信しているのは、脳では無くて、消化器官(腸)なのだか?

蟻は「考える脳」を退化させている。彼女ら(働きアリ)は、女王の一部で有り
女王蟻の送るテレパシーで管理されている。

蟻に寄生するキノコは「蟻の脳には、何の細工もせず」働きアリをコントロールしている。
これは、将来、テレパシーの研究が進むと理解されるだろう。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。