奇習! 箱詰めにされた全裸の少女たちは“実験動物”だった ― 大阪の勤労少年が見た敗戦国の哀しい現実とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

【日本奇習紀行シリーズ】 大阪

kishu04112_01.jpg
画像は「pixabay」より引用

 日本の歴史に残る紀行文『奥の細道』を著した俳人・松尾芭蕉は、名作『野ざらし紀行』の中で、旅の道中で稚児と出くわした際の逸話として、「富士川のほとりを行に、三つ計なる捨子の哀げに泣有。この川の早瀬にかけて、うき世の波をしのぐにたえず、露計の命を待まと捨置けむ。小萩がもとの秋の風、こよひやちるらん、あすやしほれんと、袂より喰物なげてとをるに、猿を聞人捨子に秋の風いかに いかにぞや、汝、ちゝに憎まれたる歟(か)、母にうとまれたるか。ちゝハ汝を悪(にくむ)にあらじ、母は汝をうとむにあらじ。唯これ天にして、汝が性のつたなきをなけ」と、ある意味、無慈悲とも思える言葉を投げかけてその場を後にする場面を描いている。しかし、芭蕉に限らず、彼のようにクールで達観したスタンスであるかどうかは別にして、無念にも人は苦境にある他者を救えないケースというものが、得てして存在するものである。


「私はね、私は。……いや、ご批判をね、承知で申し上げるのもあれなんですが、ホント、あの時は何もできなかったんです。いや、もしかするとですね、何かできたかもわからんのですけれどもね、私みたいな若造、ああいう苦界に落ちたあの子らのね、人生を変えることなんて、できやしなかった。いや、もしかすると私自身、そう思いたいだけなのかもわからんですけどもね……」


 自身がかつて目の当たりにした不幸な身の上の少女たちについて、どこか懺悔めいた口調でその重い口を開くこととなったのは、現在、近畿地方のとある地域で暮らす山本庄吉さん(仮名・87)。山本さんの話によると、今を遡ること約70年前の1947年頃、彼は戦火からの復興の兆しが少しずつ見え始めた大阪のとある港町で、「我が物顔に振舞っていた」(山口さん)という“瑠璃の瞳の男たち”に、あまりに無残な形で囚われていた年端もいかぬ少女たちの姿と泣き叫ぶ声が、今なお忘れられずに瞼の奥、鼓膜の中に焼きついているという。


「当時ね、私は3つばかし年長の兄貴の紹介でね、(港湾労働者として)荷揚げ・荷降ろしの仕事をしていたんですけれどもね、その時にね、米国の本土に行くという船の貨物にですね、1つだけ、おかしな荷があって。自分が先輩格の男に聞いた話じゃ、“日本の珍しい動物”たちを、本国に持ち帰って、向こうで偉い学者さんたちが実験するんだなんていう話だったんだけれども、いざ出航という日のですね、前の晩に、私が荷物の漏れを確認するために歩いていたら、どこからともなく女のすすり泣く声が聞こえてくるわけ。それで、最初はお化けでも出たんじゃないか? って思ってね、1つずつ荷を見てまわったらです。その“動物”って言われてた荷からね、どうもその声が聞こえてくる。それでいよいよ、私もこりゃあおかしいと思って、雑に張り合わせた板の隙間から、こっそりと中を覗いてみたら、その中にそれこそ20人くらいでしょうかね、下は10にもならんような子から、上は14、5ぐらいかな。そのぐらいの女の子たちが素っ裸でいる……さすがに腰を抜かしましたよ」

コメント

4:匿名2018年4月22日 17:11 | 返信

行いを見て裁きを下すような神様は存在しないので、そんな神様は居ないで正解。
だからといって神様は居ないという訳ではなく、間違いなく神様は全てを見てる。
見てるもなにも、生きとし生けるもの全ての行為者、経験者は「神」ひとり。

3:匿名2018年4月22日 03:33 | 返信

神や仏を信じるから もめ事や戦争になる
人権が大事なら 宗教を棄てるのが一番!
イスラムも キリストも ヒンズーも…
異教徒は人間じゃないから なにしても(殺っても)かまわん
ってところが あるからな


2:TOKUMEI2018年4月21日 22:15 | 返信

黒人を人体実験していたアメリカの「タスキギー梅毒実験」は、1972年まで続いていたという。
アメリカ人にとって、同胞(WASP?)以外はHUMANではないということなんだろうなと思う。

日本でも「寿産院もらい子殺し事件」なんかもあったし、戦後しばらくまでは人の生命なんて軽視されていたんだろうなと感じる。

神も仏もいない、という言葉が重い。

1:匿名2018年4月21日 22:12 | 返信

破壊神GHQ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。