キムタク、松潤…2018年ドラマの勝ち組俳優4人!「新たな木村拓哉の可能性」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
1804_kachigumi_01.jpg
画像は、金曜ドラマ「アンナチュラル」公式サイトより

 2018年1月期のドラマが終わりを迎えたが、今期も大ヒット作品が多く生まれていた。その中でも視聴率が良かった作品をあげていこう。

 まずは石原さとみ(31)主演のドラマ『アンナチュラル』(テレビ朝日系)。全話平均視聴率が11.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)という数字もさることながら、視聴者からの評判が非常に高く、今期トップレベルの満足度を誇っていた。

 同ドラマでは可愛らしい役を多く演じるイメージのあった石原が、仕事に誇りを持つ真面目な法医解剖医を演じて大好評。さらに、井浦新(43)が演じた毒舌キャラの中堂が女子のハートを鷲掴み。米津玄師(27)の主題歌「Lemon」もドラマの雰囲気とマッチして大ヒットするなど、ドラマに携わった人の評価はうなぎのぼりに。


●松本潤

1804_kachigumi_02.jpg
画像は、日曜劇場「99.9-刑事専門弁護士- SEASONⅡ」の番組情報ページより

 嵐・松本潤(34)主演の『99.9-刑事専門弁護士-SEASON2』(TBS系)は、全話平均視聴率17.4%を記録して今期のドラマでトップ。初回15.1%から始まって最終回には21.0%を記録し、視聴率の伸び方も理想的だった。

「SEASON1」でも大ヒットしていた作品だが、今期はヒロインが榮倉奈々(30)から木村文乃(30)に変更。放送前はキャスティングに不満の声もあがっていたが、作中で見せた木村の腹話術などは男性から大好評を博することに。「SEASON1」で検事と対決、「SEASON2」で裁判官との対決を描いており、ネタ的にやり尽くした感はあるが「是非次もやってほしい!」「この役の松潤かわいいからまた見たい」「気楽に見れるのでスペシャルでもなんでもまたやってほしいな」と続編の待望論が起こっている。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。