【超衝撃】NASAが「動物の群れの大移動」を激写! グーグルマーズでもハッキリ確認、火星はジャングルだった!

関連キーワード:

,

,

 この画像こそ火星に生命がいる証拠であると主張しているのは、YouTubeチャンネルの管理者で陰謀論者のNeal Evans氏だ。「Daily Star」の記事によると、Evans氏は「火星のこのエリアはすでに居住可能であり、生命が繁栄していると思います」と話している。また、Google Marsの火星表面画像では水源や湖、透明な水路、植生なども観察できるとも語っている。

 編集部でもGoogle Earthのアプリケーションから動画に映っていた場所を確認してみた。動画の説明に書かれていたポイント「77°33’42.02″N 127°10’59.80″E」を開いてみると、確かに動物の群れのような影が確認できる。だが拡大してもこれが動物の影なのか、それともただの岩なのかは分からなかったが、不思議な躍動感があることは確かだ。

0402mars-3.jpg赤丸の場所に問題の「群れ」。画像は「Google Earth」より引用
0402mars-4.jpg拡大した画像。画像は「Google Earth」より引用

 果たして火星に動物の群れは存在するのか? 動画には懐疑的なコメントも多数寄せられており、Evans氏はランダムパターンの中から顔など見知ったものを思い浮かべてしまう「パレイドリア」という症状ではないかとも指摘されている。

 とはいえ、今年NASAがツイッターで投稿した岩の画像に「オルドビス紀の生物化石」に極めてよく似たものが写っているとして、英バッキンガム大学の宇宙生物学者が論文を書くと宣言もしている(トカナの記事はこちら)。もし過去の火星に動物がいたならば、今、動物の群れがいても全くおかしくはないが……。あなたはどう考えるだろうか?

(編集部)

動画は「YouTube」より引用

参考:「Daily Star」「Express」「YouTube」ほか

人気連載
5月25~31日「自粛が明けそうなアナタを襲う不幸」がわかる4択占い! 電話、デマ、データ… Love Me Doが指南!

5月25~31日「自粛が明けそうなアナタを襲う不幸」がわかる4択占い! 電話、デマ、データ… Love Me Doが指南!

■2020年5月25日~31日「今週の不幸を回避し、運命...

人気連載
豪雪地帯で継承されたエロすぎる「冬の娯楽」とは?古老激白、伝統的“SEX奇習”の実態

豪雪地帯で継承されたエロすぎる「冬の娯楽」とは?古老激白、伝統的“SEX奇習”の実態

【日本奇習紀行シリーズ 豪雪地帯】  今年、首都圏では...

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ