【心理テスト】最初に見えたものでわかる「人付き合いの弱点」が怖いほど当たる! 長期的&良好な人間関係を築く秘訣をズバッと指南

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 他者と長く良好な人間関係を維持することは容易ではなく、かなりの労力を必要とする。お互いの強みや弱み、さらに身に降り掛かってくるさまざまな出来事を知ることは、長期的な関係維持に役立つだろう。人生がどれだけ変わっても、昔と変わらぬ人間関係が続くことは両者にとって幸福だ。

 今回ご紹介する心理テストは、長期的な人間関係を築く上で弱点となりうる部分を明らかにするものだ。やり方は簡単。下の画像を見て、最初に何が見えたかを確認するだけだ。

0403test-1.jpg
画像は「Your Tango」より引用


■フードを被った人物

 最初にフードを被った人物を見た人の弱点は、その気性の激しさにある。大なり小なり、誰もが何かしらに怒りを抱えているものだが、顔を真っ赤にしたり「目標を発見次第破壊する」ミサイルのようになったりはしない。

 注意すべきは、怒りが去った後の言動だ。後から言葉を取り消そうと思っても、取り返しのつかない場合もある。時には夕暮れまで誰とも接触せず歩き回ることが最善手のこともある。


■モナリザの顔

 最初に見えたものがモナリザの顔なら、長期的な関係をダメにしかねない秘密の弱点は、人生を美化して考えていることだ。人生には確かに美しいものにあふれている。自然の驚異的な壮大さや、親しい人々との楽しい日々などは、日常の中で見つけられる贈り物だ。

 しかし、問題があることに気づいていながら、何の心配もないかのように見せかけてごまかすのはやめた方がいいだろう。特に恋愛においては。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。