「パスタで痩せられる」ことが最新研究で判明! パスタ・ダイエットブーム到来か!=カナダ

「パスタで痩せられる」ことが最新研究で判明! パスタ・ダイエットブーム到来か!=カナダの画像1画像は「Thinkstock」より引用

 主食の白米に加え、ラーメンやうどんなど大量の炭水化物に囲まれている日本人にとって今流行りの糖質制限ダイエットは少々荷が重い……。だがこの度、朗報が舞い込んできた。なんと、同じく炭水化物であるパスタにダイエット効果があることが最新の研究で判明したというのだ!

 パスタでダイエット……? そんな魅力的な研究結果を発表したのは、カナダ・セント・マイケルズ病院の研究チーム。科学誌「British Medical Journal」掲載の論文、「Effect of pasta in the context of low-glycaemic index dietary patterns on body weight and markers of adiposity」(低グリセミック指数の食事パターンにおいてパスタがもたらす体重と肥満遺伝子マーカーへの影響)において、パスタの驚くべきダイエット効果を明らかにした。「New Medical Life Sciences」(5日付)が報じている。

 炭水化物のグリセミック指数はGI値として一般に知られている。食事に気を遣っている人ならば一度は聞いたことがあるだろう。GI値は食品ごとの血糖値の上昇度合いを表現する数値のことで、この値が高ければ高いほど血糖値の上昇が急激に起こるため、脂肪を作り、脂肪細胞を維持するインスリンが分泌され、肥満の原因となる。その逆に低GI値のものを摂ると、ゆっくりと吸収され、血糖値の上昇も緩やかになり、太りにくいとされている。一般にGI値が55以下が低GI食品、56~69が中GI食品、70以上が高GI食品に分類される。

 高GI値の代表的な食品は日本人に欠かせない白米(GI値:81)、低GI値の代表的な食品は玄米(GI値:55)である。実は玄米のカロリー(160gあたり264kcal)と炊いた白米のカロリー(160gあたり269kcal)はさほど変わらない。ダイエットに玄米が推奨されるのも玄米のGI値が低いためだ。

 今回の研究では、32の実験から2448名の被験者のデータを集め、比較的GI値が低いパスタ(GI値:65、全粒粉なら50)と体重減少の関係が調べられた。すると、パスタを含む低GI食だけを12週間摂った被験者に、有意な体重の減少(約500g)が見られたという。

 とはいえ、分析された被験者らはパスタを平均して週にたったの3.3人前(一食あたり2分の1カップ)しか食べていなかったそうだ。これはレストランで提供される1人前のパスタよりも少ない量だという。研究チームのジョン・シーベンパイパー博士は、「パスタは高GI食品に比べて体重を減らし、BMIの値も下げるが、だからといって食べすぎは禁物」と警告している。

 健康的に痩せるためには、やはり食生活の全体的な見直しが欠かせないようだ。ダイエットを考えている方は、まずは毎日食べる白米を玄米やパスタに置き換えてみることから始めてみてはいかがだろうか?
(編集部)


参考:「News Medical Life Sciences」、「British Medical Journal」、ほか

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ