脳は大人になってもまだ成長している! 高齢でも新たな細胞が「芽生えている」ことが判明、科学界衝撃=米カリフォルニア大

脳は大人になってもまだ成長している! 高齢でも新たな細胞が「芽生えている」ことが判明、科学界衝撃=米カリフォルニア大の画像1イメージ画像:「Thinkstock」より

 超高齢化社会を迎え、これまで以上に認知症患者の増加が深刻な問題となっている。加齢による脳の衰えは避けられないものなのか。しかし、最新の研究は我々に明るい希望を与えてくれるようだ。齢を重ねてからでも脳細胞は新しく作られているというのである。


■79歳でも脳の海馬で新たな細胞が生産される

 “人生100年時代”を迎えて、高齢者の認知機能の維持が目下の大きな課題となっている。その鍵を握るのが、新たな脳細胞の生成能力である。多くの哺乳類では生涯にわたって新たな脳細胞を作り続けているとする研究が報告されているのだが、はたしてこれは人間にもあてはまるのか?

 つい先月にも、米カリフォルニア大学サンフランシスコ校の研究チームが権威ある学術誌「Nature」で発表した研究で、人間の脳内で記憶や学習をつかさどる部位である海馬では、およそ13歳で神経細胞の生産が止まる可能性が高いことを指摘している。海馬を構成する大半の細胞はほとんどが胎児期から1歳前後までに生産され、7歳を越えるとその生産能力が急激に低下し、なんと18歳以降は若い神経細胞や分裂する神経前駆細胞などはほとんど生産されないと報告している。

脳は大人になってもまだ成長している! 高齢でも新たな細胞が「芽生えている」ことが判明、科学界衝撃=米カリフォルニア大の画像2青い部分が「海馬」 画像は「Wikipedia」より

 これが正しいとすれば、今日の超高齢化社会にとってはきわめて暗い影を投げかけるものになる。脳機能および認知機能の面からは18歳以降は衰える一方であることになるからだ。

 しかし先日の4月5日、前出の「Nature」の研究論文とは“真逆”ともいえる結論を報告している研究が幹細胞専門誌「Cell Stem Cell」で発表された。18歳以降であるどころか、老齢期になっても脳の海馬では新たな細胞が生産されているというのだ。

 米コロンビア大学の研究チームは病歴のない14歳から79歳までの28人の脳の検体を詳しく分析したところ、認知機能や感情に関わる海馬の部分から未成熟の神経細胞が数多く見つかったことを報告している。最高齢である79歳の高齢者の脳であっても、新たな細胞が“芽生えている”ことが確認されたのである。脳の検体は、いずれも生前は健康であった人物の脳で、つまり、不幸にも不運な死を迎えてしまった人々である。老齢を迎えても新たな脳細胞が生産できるのだとすれば、認知症が改善できる可能性をはらむことになり、超高齢化を迎えた今日の社会において明るい話題になることは言うまでもない。

人気連載
「YouTuberになれば大成功する人」の手相をLove Me Doが解説! あなたの“本当の発信力”が判明!

「YouTuberになれば大成功する人」の手相をLove Me Doが解説! あなたの“本当の発信力”が判明!

【手相】適職診断“発信系”の手相  今回はラブちゃんに...

人気連載
9月20~26日「シルバーウィーク中のアナタを襲う悲劇」がわかる緊迫の4択占い!! Love Me Doが回避法も伝授!

9月20~26日「シルバーウィーク中のアナタを襲う悲劇」がわかる緊迫の4択占い!! Love Me Doが回避法も伝授!

■2021年9月20日~26日「今週の不幸を回避し、運命...

人気連載
宇宙最強のエネルギー「時空転換メモリー」が入った小判!? アカシックレコードに到達も…最強波動商品3つ!

宇宙最強のエネルギー「時空転換メモリー」が入った小判!? アカシックレコードに到達も…最強波動商品3つ!

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

脳は大人になってもまだ成長している! 高齢でも新たな細胞が「芽生えている」ことが判明、科学界衝撃=米カリフォルニア大のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル