NHK有働アナの争奪戦の裏で、セクハラ疑惑「麿」こと登坂アナが復活宣言! 疑惑釈明内容が「ヤバイ」と話題に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

セクハラ

,

有働由美子

,

登坂淳一

41fv4G6J1cL._SX349_BO1,204,203,200_.jpg
画像は、『ウドウロク』(新潮社)


 NHKの有働由美子アナウンサーの電撃退社の裏で、ひっそり“復帰宣言”したのが、NHK時代に「麿」の愛称で親しまれた登坂淳一アナだ。同アナはNHK時代のセクハラ疑惑を報じられ、就任予定だったフジテレビの新報道番組「プライムニュース イブニング」のメインキャスターを降板。その後は隠遁生活を送っていたが、10日発売の「婦人公論」(中央公論新社)で疑惑発覚後、初めてのインタビューに応じた。

 登坂アナによると、セクハラの場は2011年6月の番組打ち上げの際。つまずいて頭を打ち、うずくまっている時に女性から「大丈夫ですか?」と声をかけられたそうで、その時「彼女が『セクハラを受けた』と感じるような行為をしてしまったのです」と告白した。当時、視聴率競争のプレッシャーなどから精神的に不安定になっていたとし「心身ともに相当弱っていました」とも釈明している。

 だが、早速ネット上では「女性に『大丈夫ですか?』と声を掛けられただけでセクハラするのかよ」や「NHK、ましてや地方局なのに視聴率がプレッシャー?」と疑問の声が噴出。

 スポーツ紙記者は「NHKを辞めてサクセスストーリーを歩むはずが、いきなりご破算になったわけですからね。スキャンダルがなければ5千万円以上の年収があったはずですが、いまや0円に。所属事務所の『ホリプロ』としても、このままでは“不良債権”になるだけなので、このタイミングでイチかバチかの賭けに出たのでしょう」と話す。

「婦人公論」と言えば、先日も“STAP論文問題”で科学界を追放された小保方晴子氏のインタビューを掲載したばかり。“文春砲”をはじめとした各週刊誌ではなく、あえて婦人公論を選ぶというのが最近のトレンドなのか…。

関連キーワード

コメント

1:匿名2018年4月14日 06:45 | 返信

麿は NHKだから ウケただけで…
民間やフリーでは 数字=視聴率持ってないだろ
もう サンジャポの突撃レポーターwくらいじゃね?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。