【閲覧注意】工場作業員が1000度の溶鉄シートに飲み込まれる悪夢の瞬間! 人間を死へと誘う“灼熱のレッドカーペット”=中国

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】工場作業員が1000度の溶鉄シートに飲み込まれる悪夢の瞬間! 人間を死へと誘う灼熱のレッドカーペット=中国の画像1画像は、「LiveLeak」より

 インド・マハーラーシュトラ州バーンジェンで今年1月、製鉄所で溶鉄がこぼれる事故が起きた。現地紙「Times of India」によると、全身の50%にやけどを負った労働者3人が死亡し、4人が入院したという。溶鉄を運ぶための容器をクレーンで移動する際、不具合によって容器が傾き、溶鉄がこぼれたことが警察の調査で明らかとなっている。警察は工場の所有者と管理職2人を起訴したうえで、さらなる調査を進めている。

 同様の事故が、イラン・ケルマーン州でも同月に起こった。海外の動画サイト「LiveLeak」に投稿された動画にその一部始終が収められている。機械で運ばれてきた容器が突然ひっくり返り、中に入っていた溶鉄が辺り一面にぶちまけられ……。その場にいた作業員は命からがら逃げ出して、幸いにも事なきを得たそうだ。

 高温の溶鉄が作業員を襲う動画は、他にもLiveLeakで公開されているが、その中でも特にインパクトの強い動画をもう1本紹介しよう。

 中国の工場で撮影された動画には、1人の作業員が映っている。そんな彼に、信じられない悲劇が襲いかかる。なんと、彼の背後から、勢いよく高温の鉄シートが流れてきたのだ。まるでレッドカーペットのような鉄が彼を下敷きにして、どんどん折り重なっていく。あまりにも一瞬の出来事で、作業員も自分の身に起こったことを理解できなかったことだろう。この後、彼がどうなったのかは明らかにされていない。

 1000度以上の溶鉄が作業員に大やけどを負わせる事故は、世界中で頻発している。こうした事故は、周囲に引火して火災を発生させることもあるため極めて恐ろしい。米・オハイオ州で今年1月に発生した製鉄所の事故は、こぼれた溶鉄によって火災が発生し、消火までに数時間を要した。溶鉄に水を浴びせると瞬時に蒸発し、高温の蒸気が辺りに飛散するため、消火活動が困難を極めたという。幸いにも工場の作業員にけがはなかったが、一面が溶鉄で覆われている光景は、まさに“焦熱地獄”そのものである。

 機械の安全点検やマニュアル整備などが充実し、製鉄所や工場での事故が世界中からなくなることを願いたい。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?