福田次官のセクハラ辞任、テレ朝とは別の被害女性Xさんとは? 「エロオヤジを手玉に取って…下ネタも…」

関連キーワード:

,

福田次官のセクハラ辞任、テレ朝とは別の被害女性Xさんとは? 「エロオヤジを手玉に取って…下ネタも…」の画像1画像は、スクープを報じた「デイリー新潮」より

 「週刊新潮」(新潮社)が報じた女性記者へのセクハラ疑惑で辞任した財務省の福田淳一事務次官に批判の声が相次いでいる。「抱きしめていい?」「縛っていい?」という音声テープまで流出していながら、一貫して疑惑を否定。麻生太郎財務相による「(被害を受けた)本人が申し出てこなければ、どうしようもない」発言も相まって、もっか大炎上中だ。

 19日未明にはテレビ朝日が緊急会見を行い、自社の女性記者が被害に遭っていたことを公表。同局によると、女性社員は取材のために福田氏と1対1で会食することが「1年半ほど前から複数回あった」そうで、自らの身を守るために会話を録音。セクハラの事実を報じるべきと上司に相談したが「二次被害が心配される」と拒否されたため、週刊新潮にリークしたという。

「財務省担当記者の間でも目鼻立ちがくっきりとした美人で評判でした。記者としてだけでなく、リポーターとしてテレビ中継に出ることも。局内の評価も上々だったと思います」とはテレ朝関係者。一方で、被害者は1人ではないという情報もある。実はマスコミの間では今回のテレ朝記者ではなく、別の在京キー局の女性記者Xさんが“本命”として名
前が取り沙汰されていた。関係者の証言。

「Xさんは元担当記者で、財務省のエロオヤジを手玉に取るのが抜群にうまく、スクープを連発していました。なかなか個性的な人で、下ネタもイケるクチ。将来的な海外赴任が内定しているため、財務省担当時代に我慢してきた福田氏のセクハラをこのタイミングでブチ撒けたのでは?とウワサされていました」

 国際的なセクハラ告発運動「♯Me Too」のように、今後各局の被害女性が名乗りを上げることも考えられる。一般紙の社会部記者は「福田氏は美形の女性記者をつけないと喋らない。会社もそれをわかった上で、美人記者を彼のところに投入していた。ある意味、メディア側も共犯と言えるかもしれない」

 と話す。いまだマスコミ業界では男尊女卑がはびこっているようだ。

人気連載
トランプ大統領が「逆転」するシナリオは2つ! 勝つ確率はかなり高い、ナンシー・ペロシも…! ジェームズ斉藤解説

トランプ大統領が「逆転」するシナリオは2つ! 勝つ確率はかなり高い、ナンシー・ペロシも…! ジェームズ斉藤解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

人気連載
封印映画『罵詈雑言(バリゾーゴン)』絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロがぶった切る!

封印映画『罵詈雑言(バリゾーゴン)』絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロがぶった切る!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

福田次官のセクハラ辞任、テレ朝とは別の被害女性Xさんとは? 「エロオヤジを手玉に取って…下ネタも…」のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで