人類の世界観をひっくり返す「7つの哲学的思考実験」が意識高すぎる! メアリーの部屋、快楽機械、沼男… あなたの答えは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

■トムソンのバイオリン奏者

人類の世界観を一変させる「7つの哲学的思考実験」が意識高すぎる! メアリーの部屋、快楽機械、沼男… あなたの答えは?の画像8画像は「Big Think」より引用

 1971年、アメリカの哲学者ジュディス・トムソンが、論文「A Defence of Abortion」(「妊娠中絶の擁護」)で提示した思考実験。

「ある朝、あなたが目を覚ますと、意識を失っているバイオリン奏者とベッドでつながれていることに気付いた。その有名なバイオリン奏者は、致命的な腎臓病を抱えており、音楽愛好家協会があらゆる適合ドナーを探した結果、あなただけが適合した血液を持っていることがわかった。そのため、音楽愛好家協会はあなたを誘拐し、バイオリン奏者の循環器系をあなたにつなぎ、あなたの腎臓がバイオリン奏者の血中にある毒素を取り除くようにした。もし、あなたがバイオリン奏者のプラグを外したら、彼は死ぬ。彼を助けるためには、9カ月間を要し、それまであなたはバイオリン奏者からプラグを外すことができない」

問い:あなたにはバイオリン奏者を助ける義務があるか?

 トムソンはNOと答える。もちろんバイオリン奏者には基本的な人権が備わっているが、彼はあなたの体と人生に対する権利を持っていないからだ。ここからトムソンは話を胎児にまで拡げ、胎児も他人の体に対して権利を持っていないため、中絶には問題がないと主張する。

 トムソンの議論は極めて微妙な問題をはらんでいるが、確かなことは、あなたにはバイオリン奏者を殺す権利はないということだ。この思考実験においてあなたが持っているのは、バイオリン奏者を生かすためにあなたの体を利用することをやめさせる権利だけである。

 さて、7つの哲学的思考実験をご紹介したが、いかがだっただろうか? へ理屈のように聞こえるかもしれないが、実際にあり得ないような極限の状況を想定することで、逆に問題の本質がよく見えるということもあるだろう。実際にここで取り上げた思考実験は、今も多くの哲学者を刺激し続けている。また、哲学者でなくとも、それぞれの思考実験に自分なりの回答を考えてみることもできるはずだ。
(編集部)


参考:「Big Think」、ほか

コメント

2:匿名 2018年4月27日 11:29 | 返信

今だと快楽装置のオファーに応じるほうが多そう
虚構の世界に逃げ込んでるやつばかりだし

1:匿名 2018年4月26日 23:50 | 返信

偉そうに書いてるけど、昔っから有名なやつだよな
懐かしい。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。