米政府が激ヤバ「遠隔マインドコントロール」文書を誤公開! 思考を盗み、痛み・痒み・オーガズム引き起こす方法掲載

 米軍やCIAは長年マインドコントロールを研究しており、すでに電波を使った遠隔でのマインドコントロールも可能だという噂をたびたび耳にする。今月、この噂を肯定するかのような書類を、全く別件を調査していたジャーナリストが入手したと話題になっている。英「Daily Mail」ほか、多数メディアがこの奇妙な資料について報じている。

■情報公開資料の中に紛れ込んだもの

 問題の書類を手に入れたのはジャーナリストのカーティス・ウォルトマン氏だ。ウォルトマン氏は反ファシズムや白人至上主義の過激団体についての資料を求め、テロや犯罪の情報を収集・分析している米国国土安全保障省(DHS)管轄のワシントン州フュージョンセンター(WSFC)に情報公開申請を行った。すると、届いたデータの中に“EM effects on human body.zip”という怪しげなファイルが紛れ込んでいたのだ。

 奇妙なファイルを早速開いたウォルトマン氏はその内容に驚いた。彼が目にしたのは、電磁波を使って人間の記憶を消去したり、思考を読み書きしたり、強烈なかゆみや痛みを引き起こしたり、強制的にオーガズムに到達させたり……というような効果を持つサイコエレクトロニック兵器に関する資料だったのだ!

米政府が激ヤバ「遠隔マインドコントロール」文書を誤公開! 思考を盗み、痛み・痒み・オーガズム引き起こす方法掲載の画像1資料その1。画像は「Muck Rock」より引用

 含まれていた画像は3枚で、人体への様々な効果を説明した画像、遠隔マインドコントロールや遠隔脳マッピングの方法を示した画像、生体から発せられる微弱な電磁気や脳波について説明した画像となっている。ウォルトマン氏はこの謎の資料について、政府による公開資料の共有や分析を支援するNGOのニュースサイト「Muck Rock」に今月18日付で記事を掲載した。

米政府が激ヤバ「遠隔マインドコントロール」文書を誤公開! 思考を盗み、痛み・痒み・オーガズム引き起こす方法掲載の画像2資料その2。画像は「Muck Rock」より引用
米政府が激ヤバ「遠隔マインドコントロール」文書を誤公開! 思考を盗み、痛み・痒み・オーガズム引き起こす方法掲載の画像3資料その3。画像は「Muck Rock」より引用

 しかし残念なことに(?)、これらの資料はDHSが作成したものではなく、政府の書類でもないようだ。ウォルトマン氏はなぜこのような資料が含まれていたのかをWSFCに問い合わせたが、今のところ回答はないという。

人気連載
5月25~31日「自粛が明けそうなアナタを襲う不幸」がわかる4択占い! 電話、デマ、データ… Love Me Doが指南!

5月25~31日「自粛が明けそうなアナタを襲う不幸」がわかる4択占い! 電話、デマ、データ… Love Me Doが指南!

■2020年5月25日~31日「今週の不幸を回避し、運命...

人気連載
豪雪地帯で継承されたエロすぎる「冬の娯楽」とは?古老激白、伝統的“SEX奇習”の実態

豪雪地帯で継承されたエロすぎる「冬の娯楽」とは?古老激白、伝統的“SEX奇習”の実態

【日本奇習紀行シリーズ 豪雪地帯】  今年、首都圏では...

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ