• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

ゾンビ

,

ブードゥー教

,

天野ミチヒロ

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコミどころ満載の封印映画をメッタ斬り!

0402voodoo_main.jpg
※イメージ画像:『ブードゥー伝説』

Amazon『残酷 裸の魔境』(ビデオ題『ブードゥー伝説』)
1973年・フランス
監督・脚本/ジャン・リュック・マタロン

 誰もが思い浮かべる映画のゾンビのイメージは、ジョージ・A・ロメロ監督の『ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド』(68年)によって誕生し、同監督の『ゾンビ』(78年)において定着したのではないだろうか? まだそのゾンビの知名度が低い1973年12月22日、「本物のゾンビを捉えた」ドキュメンタリー映画が、クリスマスムードに浮かれる世間とは無関係に公開された。ただし、この映画に登場する“ゾンビ”は我々の思い浮かべるそれとは一線を画したモノだった。

 ゾンビを生み出したブードゥー教は、西アフリカの土着宗教ヴォドゥンに起源があるとされ、奴隷と共に中米ハイチへ流入し、キューバ・ブラジル・北米へと広がったという。ゾンビの名称はヴォドゥンの神「ンザンビ」に由来し、ハイチでは呪術で蘇生させた死体を農園で働かせる奴隷として扱ったともいわれる。よってロメロ以前のゾンビ映画(『ホワイト・ゾンビ』、『ブードゥリアン』など)にはブードゥーによるゾンビが登場しており、「モダン・ゾンビ」と呼ばれるロメロ以降の人食い怪物とは区別されている。

 劇中では漠然と「アフリカ」としかいわないが、かつてフランス植民地だった西アフリカの旧ダホメ王国(現在の名称は、ゾマホンの母国ベナン)をフランスの撮影隊が取材。「ブードゥー教の最高位に属する、ある人物の協力で完成した」というナレーションが、いかにもモンド映画だ。内容は、文明国では滅多にお目にかかれないブードゥー儀式を、村別に延々と紹介していく。

関連キーワード

コメント

1:匿名2018年5月 5日 20:53 | 返信

案外ブードゥー教はアフリカ州を隅々まで席巻する宗教になるかも

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。