「毎日の入浴・シャワーは健康に良くない」医者や学者が断言! 洗髪も数週間に1回でOK… 微生物との共生こそ至高

関連キーワード:

,

,

,

,

,

,

 日本人は風呂好きだ。少し古い資料であるが、2010年に厚生労働省が行った「家庭の生活実態及び生活意識に関する調査」によれば、57%の人々が毎日入浴し、35%が2~3日おきに入浴しているという。昨今は欧米でも毎日、あるいは1日おきにシャワーを浴びることは常識だという。だが最近、感染症予防や健康リスクを考えると、シャワーは週1~2回浴びるだけで十分という記事が米国の有名ニュースメディア「Time」に掲載され、物議をかもしているようだ。

「毎日の入浴・シャワーは健康に良くない」医者や学者が断言! 洗髪も数週間に1回でOK… 微生物との共生こそ至高の画像1画像は「Thinkstock」より引用


■シャワーは週に何度浴びたらいい?

 今年3月、米「Time」に「どのくらいの頻度でシャワーを浴びるべきか?」と題する記事が掲載された。この疑問に答えたのが米コロンビア大学の看護学部教授で疫学の専門家であるエレーヌ・ラーソン氏だ。

「衛生のため、また体を清潔に保つためにシャワーを浴びているのだろうが、細菌学的には正しくない」(ラーソン氏)

 ラーソン氏によれば、入浴は汗の匂いを取り除いてくれるが、病気から身を守るという点ではむしろリスクを高めてしまう可能性があるという。肌の乾燥している人が頻繁に入浴すると、肌はさらに乾燥してしまう。乾燥してひび割れた皮膚は感染症を引き起こしやすくなるというわけだ。適切に手を洗い、毎日清潔な服を着ていれば、十分衛生的だとラーソン氏は語っている。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ