小室圭さんに手切れ金「1億円」の噴飯情報! 妊娠強行突破の恐怖も…眞子さまと別れてもらうための禁断の策!

 ゴールデンウィークを前にまたも皇室に激震が走った。秋篠宮家はGW中、3泊4日の日程で栃木県にある「御料牧場」で静養される予定だが、眞子さまはこれに同行しないというのだ。理由は当サイト既報通り、小室圭さんとの結婚延期をめぐる眞子さまと紀子さまの確執。宮内庁担当記者によると「小室さんと結婚したい眞子さまと、それに反対する紀子さまの関係は悪化の一途をたどっています。母娘間での会話はないに等しく、周囲も気を揉むほど。御料牧場には皇太子夫妻もいらっしゃる予定で、どうやっても結婚の話題は出る。傷口をエグられることを嫌った眞子さまが敬遠した部分もあります」という。

 ひとり別行動をとられる眞子さまがGWをどのように過ごすかは定かではないが、間隙を縫って小室さんと会わないよう、宮内庁は目を光らせている。「誰も口にしませんが、宮内庁が最も恐れているのは、妊娠という強行突破。通常ではありえないことですが、宮内庁はまだ『小室圭』がどのような人間か掴みあぐねています」

 秋篠宮家が空中分解する前に、宮内庁としては何としても小室さんに結婚辞退を促したい考えだが、本人にソノ気はサラサラないよう。かと言って、結婚の最低条件である430万円の借金を返済する気は皆無だ。

「どうすればいいんだ…」。頭を抱える宮内庁の一部からは禁断の話も飛び出しているという。別の宮内庁担当記者の話。

「手切れ金です。小室さんに結婚を辞退させる代わりに、金銭を支払うというのです。今回の騒動で小室さんの社会的なイメージは悪化し、彼のキャリアプランにも狂いが生じてしまった。下手に別れさせれば、小室家がマスコミに内幕を暴露する可能性もある。宮内庁の最大責務は『皇室を守ること』。そのために小室さんには口止めの意味も込め、相応の解決金を支払った方がいいのではないか? という意見が急浮上しているんです」

 その金額について、発売中の「女性セブン」(小学館)は「1億円」という驚きの数字を並べているが、こんなことが許されていいのか?

「言うまでもなく、原資は我々の税金ですからね。解決金を支払っていたことがバレでもしたら、皇室に批判の矛先がいくことは目に見えています。リスクが高すぎる。落としどころとしては、現在薄給の小室さんに新たな就職先を斡旋するのが一番ではないでしょうか」とは皇室ライター。

 金銭トラブルの一件以降、マスコミに散々叩かれている小室さんだが、実はどっちに転んでも得をする立ち位置にいる。あの能面のような表情は、それらを全て見透かしているのかもしれない――。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ