【フリッツ・ハールマン】若男をバラバラ解体、ミンチにして食肉販売! ドイツ最凶連続殺人鬼「ハノーファーの肉屋」性行為中に喉を食い…!

■事件の発覚

 1924年5月、ハノーファーの街を流れるライネ川で遊んでいた子供たちが人間の頭蓋骨を発見した。検死の結果、頭蓋骨は18〜20歳の若い男性のものでナイフによる傷が残っていた。その後も頭蓋骨や人骨のつまった袋などが相次いで発見され、さらに6月には、近隣住民数百人がライネ川を捜索して500以上もの骨片や人体の一部を発見した。発見された人骨は少なくとも22人分にも及び、うち3割ほどは15〜30歳の若い男性のものと鑑定された。

 頻発する若い男性の行方不明事件と大量の人骨の発見に、警察はハールマンを疑った。だが、信頼をおく情報協力者を確たる証拠もなく逮捕するわけにもいかない。

 チャンスはすぐに訪れた。偽造証明書を所持していたとハールマン自身が警察に突き出した少年が、取り調べでハールマンにレイプされたと訴えたのだ。

 6月22日、警察はハールマンを性的暴行の罪で逮捕し、住んでいたアパートの部屋と屋根裏部屋を捜索した。すると部屋の中は壁も床も血痕だらけ、行方不明の少年たちの衣服や身分証が次々と見つかった。ハールマンは自らの犯行を認めた。

【フリッツ・ハールマン】若男をバラバラ解体、ミンチにして食肉販売! ドイツ最凶連続殺人鬼「ハノーファーの肉屋」性行為中に喉を食い…!の画像4捜査の様子。画像は「Wikipedia」より引用

 事件はマスコミによってセンセーショナルに報道された。1924年12月4日から始まった裁判には多くのマスコミ、傍聴希望者が集まり、まるで見世物のようだったという。

 ハールマンは13〜22歳の男性24人の殺害で有罪となり、死刑が宣告された。だが、実際の被害者数はさらに多いと言われており、本人も50〜70人殺したと話している。また、共犯者グランスも一審で死刑判決を受けたが、二審では懲役12年に減刑された。殺人や死体損壊は全て自分一人で行っており、グランスは被害者の持ち物を盗み、売り払っただけというハールマンの証言が認められたからだ。

【フリッツ・ハールマン】若男をバラバラ解体、ミンチにして食肉販売! ドイツ最凶連続殺人鬼「ハノーファーの肉屋」性行為中に喉を食い…!の画像5裁判の隠し撮り写真。画像は「Wikipedia」より引用

 1925年4月15日、ハールマンはギロチンで処刑された。最後の言葉は「さようなら」だったという。

 処刑後、ハールマンの頭部は脳の構造を調べるために保存された。脳の断片が4つ採取され、ミュンヘンのマックス・プランク研究所にも送られたが、そちらは行方不明になっている。凶悪犯の脳は当時の学者にとって格好の研究材料だったようで、ハールマンの処刑から7年後にギロチンにかけられた「デュッセルドルフの吸血鬼」ペーター・キュルテンも頭部を保存されている。

 ハールマンの頭部は長くゲッティンゲン大学の医学部で保管されていたが、地元メディア「Hannoversche Allegemeine」によると、2014年に「頭部の保存に科学的な価値はない」として保存の中止が決定し、人道的・倫理的な観点から火葬された。1960年代には一般にも公開されていたようだが、基本的には医学生などのみが見学できたそうだ。

【フリッツ・ハールマン】若男をバラバラ解体、ミンチにして食肉販売! ドイツ最凶連続殺人鬼「ハノーファーの肉屋」性行為中に喉を食い…!の画像6保存されていたハールマンの首。画像は「Hannoversche Allegemeine」より引用

(編集部)

【シリアルキラー・猟奇殺人 完全紹介シリーズはコチラ】

参考:「Murderpedia」「Hannoversche Allegemeine」「Wikipedia」ほか

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?