「本番直前まで舞台袖でバックでSEX」証言も…! 有名劇団員たちのゲスセクハラ「♯Me Too」事例がヤバい! アノ大物俳優や女優も…!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

Me Too

,

劇団

 財務省の福田淳一前事務次官のセクハラ発言問題が象徴するように、現在の日本では女性に対するセクハラ・パワハラが跋扈している。先日もモデルのKaoRiさんが著名写真家で「アラーキー」こと荒木経惟氏の異常言動を告発したが、今度は演劇界からも「♯Me Too」の声が上がった。

 俳優で劇団主宰の知乃(ちの)さん(20)が先月27日、東京・霞が関の司法記者クラブで記者会見し、演劇界のセクハラやパワハラ被害者を支援する団体を設立したと発表。知乃さんはこれまでに、演出家の市原幹也さんからセクハラ被害を受けたことをツイッターで告白。知乃さんによると、高校2年だった2015年2月、横浜市内のカラオケ店で演出家の市原さんから『一人でするの手伝ってくれたら、青年団での仕事を紹介してあげる』と性的な行為を求められ、肩に手を回されるなどしたという。昨年12月、市原さんの実名を挙げて当時の様子をツイッターに投稿し、「一生忘れない」と綴ると、市原さんは自らのサイトで「謝罪したい」と表明。双方の話し合いが持たれ、知乃さんが刑事処罰を求めないことを条件に示談が成立したという。


 知乃さんは会見で「当時を思い出すのはつらかったが、自分の投稿で新たな被害を防げたと思う。設立した団体で被害者の相談に乗り、解決への道筋を示していければ」とコメント。

関連キーワード

コメント

1:匿名2018年5月 6日 12:33 | 返信

ネットだけが逆セクハラを伝えてくれるな

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。