刺青・タトゥーを入れた意外すぎる有名タレント4人! 巷の声「なんかガッカリ」「感覚的についていけない」

刺青・タトゥーを入れた意外すぎる有名タレント4人! 巷の声「なんかガッカリ」「感覚的についていけない」の画像1画像は、「木梨憲武展」公式ホームページより

“刺青・タトゥーを入れている”と聞くと、ついつい悪そうなイメージを持ってしまうかもしれない。そんなイメージとは程遠い(?)華やかな芸能界にも、実は刺青・タトゥーを入れた有名人が意外と多く、ファンを驚かせることも。

 とんねるず・木梨憲武(56)は、2010年7月にブログでタトゥーを入れたことを告白。実家である「木梨サイクル」の英語表記を左腕に彫りこんだ画像を公開している。その翌日には「タトゥーを消した」と報告していたが、2016年9月放送の「とんねるずのみなさんのおかげでした」の中で“消されたはずのタトゥーが見えた”と話題に。ネット上では「実家の名前を彫るなんてさすが木梨憲武」「ノリさんのこと好きだったけど、なんかガッカリ」と賛否両論が巻き起こることになった。

 そこで今回は、木梨のように刺青・タトゥーを入れて話題になった有名人を紹介していこう!


●夏川りみ

刺青・タトゥーを入れた意外すぎる有名タレント4人! 巷の声「なんかガッカリ」「感覚的についていけない」の画像2画像は、「夏川りみ」オフィシャルサイトより

 まずは歌手の夏川りみ(44)から。「涙そうそう」が大ヒットセールスを記録し、『NHK紅白歌合戦』にも出場する実力派のタトゥーに驚きの声も少なくない。

 夏川のタトゥーは左手首に彫られたもので、マイクを掲げた際にバッチリと映り込む場所でもある。彫りこまれたタトゥーの柄は“ミンサー”という沖縄特有の模様で、「いつまでも末永く」といった意味があるという。石垣市出身の夏川らしいという声が上がる一方で、「夏川りみがタトゥーを入れること自体が意外」「夏川さんて地味なイメージだったからビックリだよね」「沖縄特有の柄っていうのは理解できるけど、タトゥーまで入れてしまうのは感覚的についていけない」といった声も上がっている。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ