【日本怪事件】平尾受刑者だけじゃない、殺人未遂犯が脱獄した「広島刑務所中国人受刑者脱獄事件」がヤバイ! 5mの塀を乗り越え、ナイフを持ち…

関連キーワード:

,

,

,

,

――日本で実際に起きたショッキングな事件、オカルト事件、B級事件、未解決事件など、前代未聞の【怪事件】をノンフィクションライターが紹介する…!

【日本怪事件】平尾受刑者だけじゃない、殺人未遂犯が脱獄した「広島刑務所中国人受刑者脱獄事件」がヤバイ! 5mの塀を乗り越え、ナイフを持ち…の画像1平尾龍磨・受刑者「YouTube」より引用

松山刑務所大井造船作業場から、平尾龍磨・受刑者(27)が逃走したのは、4月8日。もともとが窃盗犯であり殺人などの凶悪犯ではないためか、身一つでのサバイバルにはネット上では感嘆の声も上がっている。だが彼の行った窃盗は121件もあり、被害総額は400万円ほどにも上っている。逃走は決して許されることではない。

 殺人未遂などで服役していた囚人が脱獄して、世を震撼させたのは、2012年。

 李国林は窃盗団のリーダーであった。そのやり口は大胆不敵だ。2000年12月3日、東京青梅市のパチンコ店に金庫破りに入った際に、連続パチンコ店荒らしの捜査で張り込んでいた警察官に発砲、そのまま国外逃亡し国際指名手配されたのだ。在日中国人の李国林(40歳・当時)が1月11日の昼前、広島刑務所から脱獄したのだ。

 当時は本名と思われる別の名を使用していたが、「李国林」へと戸籍の名前を変えて、04年に再入国し、再び金庫破りに精を出す。半年ほどの間に、11都道府県で35件もの窃盗を行い、被害総額は1億数千万に上った。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ