TOKIO山口達也だけじゃない、エロ親父による鬼畜セクハラの実態を被害女性9人が暴露! 足揉み上司、10万で裸写真要求…

TOKIO山口達也だけじゃない、エロ親父による鬼畜セクハラの実態を被害女性9人が暴露! 足揉み上司、10万で裸写真要求…の画像1山口達也

 財務省の福田淳一前事務次官による女性記者に対する性的嫌がらせ、さらに人気グループ「TOKIO」の元メンバー・山口達也による女子高生に対する強制わいせつ、安倍首相の御用記者・山口敬之による伊藤詩織さん準強姦疑惑など、数々のセクハラ事件で日本社会が揺れている。世界的にも「#MeToo」運動が盛り上がりを見せており、セクハラ包囲網がどんどん狭まりつつある中、自らも告発されるのではないかと震えている読者もいるかもしれない。

 今回、筆者は日本でのセクハラの実態を詳しく知りたいと考え、本人の特定につながる情報をすべて伏せるという条件のもと、SNS経由で実体験を募った。すると、予想以上に多くの女性たちが勇気を振り絞って過去のセクハラ被害を告白してくれた。そして明らかになったのは、ほとんどのセクハラが職場で、上司によって行われているという実態だ。


■実録:日本のエグすぎるセクハラ9例

・ ふくらはぎを揉み揉み!
 会社の上司に突然髪の毛を触られて匂いを嗅がれたり、「座りっぱなしで足がむくんでいる」と言うと、「マッサージしてやる」とふくらはぎを揉まれたというAさん。「止めてくださいと言っても止めず、思いきり足を掴まれて逃げられませんでした。それが他の人が来た途端、パッと手を離して、何事もなかったかのように仕事をしていました」と憤る。

・ いつの間にか拉致られそうに
 小さな職場で、男尊女卑やセクハラなど“何でもアリ”の状況で働いたというBさんの体験も悲惨だ。「上司に胸を触られる、ホテルに連れ込まれそうになる、車の中で上に乗られる。相手には婚約者がいるのに、他の女に手を出すなって感じ」と怒りをあらわにする。残業が多い職場で、帰りの電車がなくなった時、送ってくれた同僚の車がいつの間にかホテルに入ろうとした瞬間は驚き、あの手この手で逃れたという。

TOKIO山口達也だけじゃない、エロ親父による鬼畜セクハラの実態を被害女性9人が暴露! 足揉み上司、10万で裸写真要求…のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル