「22歳の体で130年間生きられる」技術がガチ開発中! 遂に人類“不老不死”へ、犬の実験から開始!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

 古来より人間が求めてやまない若返りや長寿の秘法。それをまず手にするのはペットたちかもしれない。米国のベンチャー企業が、若返りと寿命の延長を可能とする遺伝子治療の動物実験に着手したというのである。最初のターゲットは犬で、すでに4頭のビーグル犬で実験中だという。英「Daily Mail」が今月11日付で報じている。

0514doglife-1.jpg
画像は「Thinkstock」より引用

■遺伝子をいじって長寿、若返り

 犬を若返らせ、長生きさせる治療法を試験中なのは、米国のスタートアップ企業「Rejuvenate Bio」である。この会社の共同設立者には米国ハーバード大学医学大学院の生物学者ジョージ・チャーチ氏も名を連ねている。チャーチ氏は合成生物学のパイオニアとして知られ、過去にもマンモスの復活ヒトゲノムの完全人工合成といった物議をかもすプロジェクトを立ち上げてきた人物だ。

0514doglife-2.jpg
ジョージ・チャーチ氏。画像は「MIT Technology Review」より引用

 若返りや長寿に関する研究は長年行われており、ハエや線虫のような生物では遺伝子を少しいじると寿命が2倍に延びることや、若いマウスからの輸血が老齢のマウスの血液マーカーを改善することなどが知られている。今回の実験はこれらの知見を踏まえたものだという。

 チャーチ氏は今年4月にインターネットで配信される「After On Podcast」に出演し、若返りや長寿を実現する遺伝子治療について、すでにマウスや犬での実験を開始していることを明らかにした。チャーチ氏はさらに、犬での実験で安全性が証明されれば次は人間をターゲットにすると話し、目標は「22歳の身体と精神を持つが、130歳の経験を持ち合わせている」状態だとしている。

 今月9日付の「MIT Technology Review」の記事によれば、Rejuvenate Bio社は昨年6月からボストンで4頭のビーグル犬を使った実験を開始したというが、実験の規模や詳細は不明なところが多いという。どのような「治療」が行われているのかも、外部からはうかがい知れないのである。

関連キーワード

コメント

3:匿名2018年9月 7日 01:45 | 返信

こういう先駆的研究をする人がいるからこそ科学技術は発展して、後にみんながその恩恵に浴する。
そしてこういう技術が一般的になった時代では、みんな当たり前のものとして受け入れているんだろう。

2:トランプ大統領2018年5月16日 21:10 | 返信

まるで私向けの記事だ。22と130とは私の番号であろう。
実はこの私トランプ大統領は壁を作って不法移民を排除するという
秦の始皇帝と同じキャラであり、長く健康的に生きれるようになろうとしている点でも
始皇帝と似ているのである。
始皇帝はチョンと戦っていたため壁を作っていたし
周りの人間が全く信用できなかったので、長生きして戦おうとしたのだろう。
残念ながら当時の天皇は頭が悪かったのか、いかれていたのか?化学も発達していない時代なのでだまされたのか?チョンが気に入らなかったから殺されたのか?
始皇帝は水銀が不老長寿の秘薬と信じて摂取し寿命が縮んで死んだらしい。
だが、時代は変わったのだ。別に私は不老不死など求めてはいないが、サプリメントを摂取して生きながらえることなど考えてはいないと言いつつ肉体を強化して、なるべく100歳くらいまでは50m6秒で走る体力を維持しようとはしている。
そんなことしないでも、クローンが作れれば、別に長く生きなくてもいいと思うのだ。
唯一分かり合える友達のクローンポプちんさえいれば、世界征服が可能であるし
小笠原諸島を拠点にあらゆる面で技術を手にして開発できるので将来的に幸せである。
特にスポーツで八百長できないポプちんは
人間を痛めつけて懲らしめることが出来るようになるので、アメフトの危険タックルではないが
人間とは全く違うやり方で戦い勝つことでスポーツの見方を変えたいというのがある。
全く違う戦い方で見方が変わるはずだ。イチローや野茂やゴジラ松井に大谷はみんな私のキャラなのだが、ああいう突飛した能力というより、戦い方を見てもらいたい。

話はずれたが、すぐできる不老不死というのはチョンの力で人格をコピーして
AIになって永遠に生きているように見えることは出来るらしい。
実際にチョンが体現しているらしいぞ。
そのことで関係ない私に恨みを抱くなど逆恨みで、お門違いである。

なんというかこの世界でそんなことを願ったらとんでもないことになるようにで来ているのだ。
絶対的に思惑とは違う方向に行く。
「永遠の命を!」とシェンロンに願ったら
肉体が滅びてロボットになるというブラックジョークだ。

この世界を信じてはだめだ。
この俺だったら研究すれば出来るかもしれないが
人間は機械だから、別にずっと生きていなくてもいい存在であって、死ななければならないと
チョンが言っているので、将来的に死ぬことになる存在だ。
私が見るからに人間は考えることを制限されたチョンに操られたロボットであり、輪廻転生が出来るのだから、そんなことする必要性がないし、終末思想で破滅への道が動き出したら、殺されるだろう。長生きしている人間が暗殺されている事実もあるので、キツネさんは人間が長く生きることを許可していない。
まぁ考えればわかることだ。ろくでもない頭のいかれた連中がずっと死なずに他人に迷惑かけ続けるとか、チョンでなくともぶっ殺したくもなる。
環境のためにターミネーターも人間を抹殺するだろうし、この私もそんな迷惑な人間はぶっ殺してミンチにしている。この世はすべて宇宙人が管理しているので人間のくだらないエゴが通用するとは思えない。もともとの姿に戻すのなら問題ないと思うが、遺伝子を改良して化け物に進化して人間やめるというのはオリンピック憲章に抵触する。ドーピング行為で死刑確定だろう。
なぜか私までドーピング違反だといわれて捕まってしまった。
事実無根だ。何もしていない只のオタクが何でドーピングに抵触するのかわからん。
チョンの嫌がらせだ。インプラントを取り除いて自由になりたい。
そして、クローンで増殖して分離独立したい。
これが俺の夢というか破滅から逃れる唯一の方法だ。
それもあって、なるべく情人よりも長く生きなければならないのだ。
トランプ大統領は高齢だから、大統領を長く続けられそうにもないが、似たようなキャラが継いで継続して壁を作って反移民政策と公平な商取引を諸外国に求め続け、必要とあらば軍事力を行使して犯罪者から金を奪い世界平和に貢献する。これが人間を減らして環境を守ることにつながり、コンプライアンスを守るうえで重要なのだ。商売の神様が人のものをパクッて詐取したり、気に食わない奴の物を盗んで制裁をくわえたりするそんな貧乏神などいらない。
天照など八百長と泥棒をするやくざの神だ。
進撃の巨人の巨人とは天照の祝福を受けたチョンのことであり、反トランプ勢力である。
どんどん壁を作って、犯罪者から財産を守らなくてはならない。

1:匿名2018年5月16日 02:21 | 返信

人間は神になれない
遺伝子いじくったツケは 別の形で払うことになるぞ
不老不死のせいで なかなか死ねず
病気や感染症で 長期間よけいに苦しむようになるかもよ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。