「全ての人間は1~10秒後の出来事を感知している」30年間の研究で判明! 予知能力の存在が確定!

関連キーワード:

,

,

,

,

,

,

,

 超越的な感覚によって未来を見通す能力は予知と呼ばれ、経験や情報から未来を推測する予測とは別のものとして扱われる。そして、前者の予知能力を持つ人は特殊な力を持つ超能力者として、一般の人と区別される。しかし、実は人間なら誰しもが予知能力を持っているという驚きの研究が世界中の研究者らによって検証されているのだ。


■予知能力は科学的事実!

「全ての人間は1~10秒後の出来事を感知している」30年間の研究で判明! 予知能力の存在が確定!の画像1画像は「Thinkstock」より引用

 海外サイト「Collective Evolution」(5月20日付)によると、学術誌「Frontiers in Human Neuroscience」(2014年3月25日)に投稿された論文で、人間は1~10秒後の出来事を予知していることが明らかになったという。同論文は、過去過去36年間に公開された40本の研究論文(Hartwell, 1978; Radin et al., 1995, 2011; Bierman and Radin, 1997; Radin, 1997, 2004;Don et al., 1998; Bierman, 2000; Bierman and Scholte, 2002; McDonough et al., 2002;Spottiswoode and May, 2003; McCraty et al., 2004a,b; Sartori et al., 2004; May et al., 2005;Tressoldi et al., 2005, 2009, 2011; Radin and Borges, 2009; Bradley et al., 2011など)のメタ分析である。

「ランダムに選択され、そのため予測不可能な未来の出来事に対する心理的な予想は、30年以上研究され続けてきた。そして、近年のメタ分析により、そのような予知現象は事実であることが明らかになった」(同論文)

 つまり、我々の脳はまだ起こっていない未来の出来事について、そしてその出来事が引き起こす反応までを日常的に予知しているということだ。しかし、この予知は意識的に行われているのではなく、無意識下で秘かに行われており、意識できないものだという。

 また、学術誌「Journal of Personality and Social Psychology」に近年発表された、米コーネル大学のダリル・J・ベム教授の研究でも、1000人以上を対象とした9つの実験結果を分析した結果、予知は事実だと結論付けられたそうだ。

「全ての人間は1~10秒後の出来事を感知している」30年間の研究で判明! 予知能力の存在が確定!の画像2画像は「Frontiers in Human Neuroscience」より引用

 だが、ベム教授の研究でも、存在が認められたのは無意識の予知能力であり、被験者が意識的に予知を成功させたわけではない。とはいえ、もし脳が未来予知をしているならば、なぜ我々はそのことに気付けないのだろうか? 

「Collective Evolution」の記事では、脳は多くの情報をバックグラウンドで処理していることが知られており、予知能力もその1つだという可能性、また意識では迅速な決定が下せない可能性などが指摘されている。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ