小室圭さんのUFJ銀行時代の“社内評価”がヤバイ「食堂で孤独、仕事ぶりは…」! 小室圭(系)男子が日本を滅ぼす!?

関連キーワード:

,

,

,

,

,


 秋篠宮眞子さまとの結婚問題で揺れる小室圭さんが、一橋大学大学院に提出した修士論文の内容を「週刊文春」(文藝春秋)が報じている。小室さんが通っていたのは同大学院の国際企業戦略研究科。仕事を終えた社会人向けの夜間コース専門の大学院だ。小室さんは現在、都内の弁護士事務所でパラリーガルとして働いており、てっきり弁護士を目指しているのかと思いきや、専攻を見る限り、そうではないよう。むしろ何をしたいのかよくわからないのが実際のところで、同誌では「“自分探し”のために来ている学生が多いのも事実」という同期生の言葉を紹介している。

 そんな小室さんの修士論文のテーマは「海外から日本への投資」。日本への投資は主要各国に比べ圧倒的に少なく、それが日本経済の停滞につながっていると結論付け、日本の閉鎖的なシステムを指弾。なかでも外国人受け入れの審査基準が世界標準からズレており、例として日本は外国人のビザ発給で重視しているのは「年収」だが、韓国では「言語能力」であると力説している。バイリンガルである小室さんの自負心の強さが感じられるが…。

「こういう小室圭(系)男子が増えていて困るんですよ」。そうこぼすのは大企業の人事担当者だ。学歴も良く、複数の資格を取得、英語も堪能だが、いざ仕事させてみると「プライドだけが高く、全く使えない」という新入社員が、このところ増えているというのだ。前出人事担当者が続ける。

「新人のくせにすでに全部知っているかのような物言いで、周囲をイラっとさせる新人が増えている。注意しても平気で反論してくる。挙句、辞める時には『自分が想像していたよりも(会社の)レベルが低かった』と捨て台詞を吐きますからね。まさに新人類です」と話す。

 小室さんは法律事務所に入所する前の2014年7月から2年弱の期間、大学卒業後に新卒社員として「三菱東京UFJ銀行」に勤務していた。配属先はエリートが集まる法人営業部。語学力を買われてのことだったが、当時を知る関係者によると「英語は堪能だったが、機転が利くタイプではなく、社内評価は下から数えた方が早かった。残業という概念もなく、決められた仕事しかしない。当時は眞子さまとの交際をひた隠しにしていて、いずれは天皇家の一員になると確信していたのでしょう。同僚とは一切接点を持たず、食堂ではいつも“ぼっち”。変わり者扱いされていた」という。

“俺はおまえらとは違う”と心の内で思い、黙々と仕事をこなしていたのだろうが、周囲からすれば単なる“KY男”で「扱いづらい」というのが本音だろう。眞子さまとの結婚問題でも小室さんの“KYぶり”がたびたびヤリ玉に挙げられているが、本人はそれを理解していないのだからタチが悪い。小室系男子が日本を滅ぼすのかもしれない!?

人気連載
実話! 生娘を平気で犯し、他人の物は強奪! 悪逆非道な村の独裁者“殿”のヤバすぎる末路=西日本

実話! 生娘を平気で犯し、他人の物は強奪! 悪逆非道な村の独裁者“殿”のヤバすぎる末路=西日本

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】  とかく世の中には、...

人気連載
あなたの「メンヘラ度」がバッチリ当たる衝撃の4択占い! ストレス爆発を防ぐため… Love Me Doが真心アドバイス!

あなたの「メンヘラ度」がバッチリ当たる衝撃の4択占い! ストレス爆発を防ぐため… Love Me Doが真心アドバイス!

■あなたと感情 「ある女神が、“周囲には秘密にしているス...

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ