「4歳の幼児にインターネットを禁止することは児童虐待」英学者が主張して話題! 教育の常識が覆る!

 世の中を便利にする技術の進歩はすばらしいが、同時に思いもかけなかったような問題を投げかけてくる。「子どもにいつからインターネットをやらせるべきか?」「スマートフォンを何歳から使わせるべきか?」これらは我々が幼かったころには存在しなかった問題であり、今の親たちは試行錯誤しながら手探りでこの難しい課題に取り組まなければならない。最近、イギリスの社会学者が「子どもにインターネットを使わせないのは児童虐待にあたる」と主張し、話題となっている。

「4歳の幼児にインターネットを禁止することは児童虐待」英学者が主張して話題! 教育の常識が覆る!の画像1画像は「Thinkstock」より引用

■子どもにインターネットを使わせないのは虐待?

 今月18日付の英「Daily Mail」によれば、4歳の子どもにインターネットへのアクセスを禁止するのは幼児虐待にあたると主張しているのは、英アストン大学の社会学者エリス・カッシュモア名誉教授である。子どもをインターネットから遮断することは、子ども同士のコミュニケーションを妨げ、世界について学ぶことを疎外することであり、オンラインに潜む危険から守れるというメリットよりもずっと害は大きいというのである。

「(インターネットを奪うことは)間違いなく子どもたちに長期的な悪影響を与えます。それは児童虐待も同然です」(カッシュモア氏)

 カッシュモア氏は英ティーズサイド大学などとの共同研究で2000人のインターネットユーザーを調査し、過去の研究も合わせて分析した。そして、現代の社会がPCやスマホのスクリーンとインターネットの結合によって完全に変化し、それらの技術が新たな可能性の世界を開いているのだと指摘した上で、カッシュモア氏は4歳からはインターネットへの無制限のアクセスを許可するべきと主張している。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ