ヒトとニワトリのハイブリッド胚が作成される! 「鳥人間」誕生疑惑でロックフェラー大学研究が物議、理学博士が解説!

ヒトとニワトリのハイブリッド胚が作成される! 「鳥人間」誕生疑惑でロックフェラー大学研究が物議、理学博士が解説!の画像2画像は「Thinkstock」より引用

■鳥人間は作れるか?

 ヒトと動物を掛け合わせたハイブリッド胚の作成はこれまでにもブタやヒツジでも行われている。しかし、ブタやヒツジのような哺乳類と鳥類ではまた不気味さの度合いが違う。ニワトリのような人間、あるいは人間じみたニワトリといった悪夢のようなモンスターが生まれるのではないか……そんな想像を掻き立てられる。

 実際にそんなことはあるのか? そこで我々は生物学に詳しい理学博士X氏にこの研究について尋ねてみたところ、「まずありえない」と即答された。

「ニワトリとヒトでは生物として違いが大きすぎます。体の構造も見た目もまるで違いますし拒絶反応もありますから、今回の実験のような発生の初期段階はともかく、間違いなくこの後の段階で死ぬでしょう。だいたい、移植用臓器を作れる可能性のあるブタとならまだしも、ニワトリとヒトのハイブリッド個体なんて生み出したところで、何か意味がありますか?」

 我々の妄想を一蹴したX氏。そして今回の研究の意義を、ヒトの発生についてヒトの胚を使わずに研究できる手段ができたことにあると解説する。

「欧米でも日本でもヒト胚の研究にはかなり多くの制約が科されています。例えば、ヒト胚の培養は14日間までとされていますが、これはオーガナイザーが現れる直前とされています。これではヒトのオーガナイザーについて研究しようがありません。そこをクリアできる手段として、ニワトリの胚を使う方法が示されたという話です」

 ヒト胚が使えればこんなことしなくてもいいんですよ……とX氏は話す。とりあえず鳥人間の出番は陳腐なSFにしかなさそうだ。

(編集部)

参考:「Nature News」「Nature」「Daily Mail」ほか

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

ヒトとニワトリのハイブリッド胚が作成される! 「鳥人間」誕生疑惑でロックフェラー大学研究が物議、理学博士が解説!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル