「SMAP再結成を諦めていない」中居正広のジャニーズ退所が再燃、香取慎吾と極秘面会した理由とは?

 6月に入ると、必ず飛び出すのが元SMAP・中居正広の去就だ。一昨年のSMAP解散騒動を経て、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人は昨年6月にジャニーズ事務所を退所する意志を表明。これは事務所との契約更改が毎年9月で、その3カ月前となる6月までに態度を示す必要があったからだ。

 3人はその後、元SMAPのチーフマネジャーの飯島三智氏と合流。「新しい地図」と称し、新天地で伸び伸びと活動している。気になるのは、ここに中居が加わるか、否かだ。発売中の「女性セブン」(小学館)によれば、このほど中居と香取が都内で極秘面会していたというが……。

「現時点で中居さんが3人のもとに合流する可能性は低いでしょう。ジャニーズを辞めるとなれば、CMやレギュラー番組はすべて降板しなければならない。それをやって得をする人間は1人もいない。テレビ局に大きな影響を及ぼすことになるし、そのことは中居さんも重々承知しているはず」(夕刊紙記者)

 ただし、中居が3人の後見人であることに変わりはない。ラジオ「中居正広 ON & ON AIR」(ニッポン放送)4月7日放送回では、新しい地図の楽曲「雨あがりのステップ」を流し「なんだこの歌、これは売れないな。僕も以前にちょっと音楽に携わることがあったんで、詳しいわけじゃないですけど、これはダメですね。かすれ声とかもうちょっと雑な声が入ってないと」と愛のあるイジリをかました。

「中居さんが香取さんに会った理由は、お互いの近況報告と番組共演の件でしょう。“新しい地図”の3人とジャニーズタレントの共演は原則NGですが、中居さんだけは違う。ことあるごとに話題に上げていますし『そろそろ自身の番組に……』と考えているはずです。あとは、どのタイミングで実現させるか。香取さん側の感触も聞きたかったのでしょう」(芸能プロ幹部)

 退所した3人はネットテレビの「Abema TV」を中心に大活躍しているが、地上波となると勝手が違う。ジャニーズ事務所が各局に圧力をかけているというよりは、ジャニーズなくして成立しないテレビ局側が勝手に忖度しているのが実情だ。前出芸能プロ幹部が明かす。

 3人のうち、あえて香取と会ったことも意味深だ。SMAPの解散は最終的に香取と、木村拓哉の対立が先鋭化したことで起きてしまった。一部報道では香取が「あいつ(木村)の顔は2度と見たくない!」と吐き捨てたとも……。中居は揺るぎない香取の気持ちに押され、しぶしぶ解散に合意したいきさつがある。「中居さんは番組担当者とキャスティングの話をする際、ネタっぽく『新しい何ちゃらの3人はダメなのかな』と話すこともあるそうです。気になっているのでしょう」

「裏を返せば、中居さんは将来的なSMAP再結成を諦めていない。記念すべき結成25周年イヤーに解散という結果になり、ファンに申し訳ないという気持ちを今も持ち続けている。再結成のためには木村さんと香取さんの雪解けが絶対条件。すぐには難しいと思いますが、中居さんは時間をかけて懐柔していくつもりのようです」(スポーツ紙記者)

 中居のジャニーズ退所以上のサプライズはあるのか――。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ