【閲覧注意】嫉妬と洗脳で連続殺人! たった2人で世界征服を目論んだ魔女スーザン&信者マイケルの“SEX逃避行”がエグい!

【シリアルキラー・猟奇殺人 完全紹介シリーズはコチラ】

「呼び鈴を鳴らしても反応がない。窓から中を覗いたら、キッチンに誰かが倒れているようだ」

 1981年3月6日、サンフランシスコのアパートの地下階を借りている住民を訪問した配管工が警察に通報。通報を受け駆けつけた警官は、血の海の中でうつ伏せに倒れ絶命している女性が、この部屋に住む22歳のケルン・バーンズだと確認した。

 家には押し入られたような跡はなく、財布の金もそのまま残っていた。性的暴行や強姦された形跡もなく、遺体には毛布がかけられていたため、警察は顔見知りによる犯行だと断定。遺体は首と顔を複数箇所刺され、頭は鈍器のようなもので繰り返し殴られて潰されており、ケルンに強い恨みを持つ者の犯行だろうと推測された。

【閲覧注意】嫉妬と洗脳で連続殺人! たった2人で世界征服を目論んだ魔女スーザン&信者マイケルのSEX逃避行がエグい!の画像1ケルン・バーンズ。画像は「Daily Mail」より引用

 ケルンのアパートの壁には奇妙なシンボルのような絵が描かれており、Suzan(スーザン)という名前が添えられていた。ケルンの友人は、彼女がサンフランシスコのヒッピーが集まるヘイトアシュベリーのパーティーで、薬物の売人のようなヒッピーなカップルと彼女が知り合い、家に居候させてあげていたことを警察に告げた。友人はカップルの名前を「マイケルとスーザン・ベア」だと言い、ケルンの母親は「マイケルとスーザンの名字はカーソンだと聞いている」と証言した。

【閲覧注意】嫉妬と洗脳で連続殺人! たった2人で世界征服を目論んだ魔女スーザン&信者マイケルのSEX逃避行がエグい!の画像2壁に描かれた絵。画像は「YouTube」より引用

 ケルンは純粋な女性で、スピリチュアルな世界に強く惹かれていた。そんな彼女にマイケルは「スーザンには特別なサイキック能力がある」と打ち明け、イスラム教を基にスーザンが作り上げた宗教観と独特な瞑想法を教えた。ケルンは2人の虜となり、行くあてがないと言う2人を自分のアパートに住まわせ、一緒にドラッグをしながら瞑想にふけった。

 ケルンが遺体となって発見された時、マイケルとスーザンの姿はなく怪しいのは一目瞭然だったが、2人は前科がなくケルンを殺したという物的証拠も見つからなかったため、警察は容疑者ではなく「最も怪しい人物」として行方を追うことしかできなかった。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?