ロシアに捕まったウクライナの軍用イルカが「ハンガーストライキ」で自決! 生きて虜囚の辱めを受けず… 軍用動物の忠誠心に涙

 2014年に発生し、現在も進行中のクリミア危機の最中に、ロシアの「捕虜」となったイルカたちがいた。ウクライナの高官がたたえた、物言わぬ彼らの忠誠心と、その最期――。

ロシアに捕まったウクライナの軍用イルカが「ハンガーストライキ」で自決! 生きて虜囚の辱めを受けず… 軍用動物の忠誠心に涙の画像1イメージ画像:「Thinkstock」より

■東ヨーロッパの要衝、クリミア

 黒海に突き出したクリミア半島は、東ヨーロッパを支配する上での要衝である。同地はモンゴル帝国、オスマン帝国、ロシア帝国、ソビエト連邦、そしてナチスドイツと、歴史の変遷に伴い多様な勢力の影響下におかれた。

 ソ連が崩壊を迎えた1991年、クリミア半島の主権は平和裏にウクライナへと移り、息つく暇もない支配者の交代劇は、ひとまずの終息を迎えたかにみえた。

 が、影響力低下を危惧するロシアが、混乱を誘引して強引に半島を手中に収めたのは、それからわずかに年月をおいた2014年のことである。

 いわゆるクリミア危機により、プーチン大統領は西側諸国からの圧力と引き換えに、黒海艦隊のための理想的な港を確保した。この時、軍港の接収にあたったロシアの兵士たちは、保管された兵器と軍需物資のみならず、ある風変わりな収穫をも得ていたようだ。

ロシアに捕まったウクライナの軍用イルカが「ハンガーストライキ」で自決! 生きて虜囚の辱めを受けず… 軍用動物の忠誠心に涙の画像2Daily Mail」の記事より


■餓死を望んだイルカたち

 今月15日、ウクライナの高官であるボリス・バビン氏は、ウズベキスタンのメディアに対し、悲痛な知らせがあると訴えた。その知らせとは、クリミア危機に伴い、ロシアに捕獲されていたバンドウイルカたちが、飢えにより死に絶えたというものである。

 イルカたちが餓死に追いやられたのは、ロシア兵による虐待の結果というわけではない。同氏が語るところによれば、イルカたちはウクライナへの忠誠心を示し、侵略者が提供した食べ物を口にすることなく、自らの意思で命を絶ったという。

 果たしてそのようなことが起こり得るのか? プロパガンダめいたバビン氏の主張には疑問を感じるが、イルカたちの来歴をたどれば納得できる部分もある。

人気連載

【閲覧注意】日本一鮮明な激ヤバ心霊写真を入手! “幽霊の指導者”とエクソシストが…

【閲覧注意】日本一鮮明な激ヤバ心霊写真を入手! “幽霊の指導者”とエクソシストが…

100%幽霊が出る心霊スポットとして現在TVやネットで話題沸騰中の俳優レッ...

2022.05.13 18:00異次元
矢沢永吉に「優しく2回叩かれた」カメラマンに奇跡が連発! 超人的パワーを物語る4つの事件とは!?

矢沢永吉に「優しく2回叩かれた」カメラマンに奇跡が連発! 超人的パワーを物語る4つの事件とは!?

――数々の伝説的芸能人と交流し、知られざる姿を目撃してきたカメラマン「YAHIM...

2022.05.08 09:00異次元
田原俊彦の舞台を“事故席”から鑑賞する不気味な男…! 旧知のカメラマンが最恐の心霊現象を暴露!

田原俊彦の舞台を“事故席”から鑑賞する不気味な男…! 旧知のカメラマンが最恐の心霊現象を暴露!

――数々の伝説的芸能人と交流し、知られざる姿を目撃してきたカメラマン「YAHIM...

2022.05.01 09:00異次元
“ウクライナ後”に待ち受ける「ブレイブニューワールド」とは!? 中露と隔絶した新たな世界秩序をジェームズ斉藤が解説

“ウクライナ後”に待ち受ける「ブレイブニューワールド」とは!? 中露と隔絶した新たな世界秩序をジェームズ斉藤が解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.04.28 18:00海外
5月病を吹き飛ばす最先端波動アイテムを徹底取材! 自宅をパワースポット化で奇跡連発、原子を調整する若返りペンダント…!

5月病を吹き飛ばす最先端波動アイテムを徹底取材! 自宅をパワースポット化で奇跡連発、原子を調整する若返りペンダント…!

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2022.05.20 15:00異次元

ロシアに捕まったウクライナの軍用イルカが「ハンガーストライキ」で自決! 生きて虜囚の辱めを受けず… 軍用動物の忠誠心に涙のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル