USJのアトラクションで相次ぐトラブルは「人形の呪い」だった!? 抗議を無視し、ガチの供養人形を使ってお化け屋敷を作った結果…

 7日午後3時すぎ、大阪市此花区の「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(USJ)の人気水上ショー「ウォーターワールド」のショーの最中にキャスト同士が接触。キャストの20代男性が病院に搬送されたが、幸いにも軽傷であるという。ショーは事故の影響で中止されたものの、約3000人の観客にケガはなかった。

 USJ側の速やかな対応で大事に至らなかったことは見事であった。だが、「ウォーターワールド」でこのようなキャストの事故が起きるのは初めてである。今月1日にリニューアルされたばかりで注目が高まっていただけに、ネット上での衝撃も大きかったようだ。

USJのアトラクションで相次ぐトラブルは「人形の呪い」だった!? 抗議を無視し、ガチの供養人形を使ってお化け屋敷を作った結果…の画像1事故直後の会場、レスキューが出動して一時騒然となる。画像は「YouTube」より引用

 気になるのはこのところUSJで軽いトラブルが続いているということだ。

 5月28日には、人気アトラクション「ザ・フライング・ダイナソー」で発進直後に緊急停止、乗客35人が一時宙吊りの状態になるという事態になった。乗客は全員無事に退避し、ケガはなかった。同アトラクションでは、同月1日にも約高さ30mの地点で緊急停止。64人の乗客が2時間かけて避難するという事故が起こっている。乗客全員にケガはなかった。

 また、4月3日にはジェットコースター「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド」で緊急停止。そして、2月にも後ろ向きに進行する「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド バックドロップ」でも緊急停止があった。いずれも乗客などにけが人はいなかった。

 最近、軽いトラブルが続いているように感じるUSJだ。これは単なる偶然なのだろうか? ここで思い出したのがUSJで2016年に起こった「呪いの人形」問題である。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ