USJのアトラクションで相次ぐトラブルは「人形の呪い」だった!? 抗議を無視し、ガチの供養人形を使ってお化け屋敷を作った結果…

USJのアトラクションで相次ぐトラブルは「人形の呪い」だった!? 抗議を無視し、ガチの供養人形を使ってお化け屋敷を作った結果…の画像4画像は「Wikipedia」より引用

■呪いなのか? ハインリッヒの法則

 もちろん、怪奇なことが起きないように、USJ側もちゃんと人形に関しては、お祓いなど供養されたと思う。なので、今回の度重なる不運な事故は単なる偶然であり、人形は関係ないと思いたい。ただ、やはり気分的な問題もあるだろうから、今一度お祓いや供養を改めてするのも良いかもしれない。

 ここで「ハインリッヒの法則」を思い出して欲しい。1つの重大事故の背景には、29の軽微な事故があり、さらには300件ものヒヤリ・ハット事例が存在しているという。なので、ジェットコースターなど、長期間のメンテナンスをしても良いかもしれない。

 USJは筆者も遊びに行ったことがあるが、子どもから大人まで心から夢中になって楽しめる素晴らしいテーマパークである。だからこそ、これから何事もなく安全なテーマパークであり続けることを祈りたいと思う。


白神じゅりこ

USJのアトラクションで相次ぐトラブルは「人形の呪い」だった!? 抗議を無視し、ガチの供養人形を使ってお化け屋敷を作った結果…の画像5

オカルト作家・コラムニスト・ライター。ジャンルを問わず幅広く執筆。ジャンルを問わず幅広く執筆。世の中の不思議を独自の視点で探求し続けている。『日本懐かしオカルト大全』(辰巳出版)発売中!
・ ブログ「滅亡日誌

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

USJのアトラクションで相次ぐトラブルは「人形の呪い」だった!? 抗議を無視し、ガチの供養人形を使ってお化け屋敷を作った結果…のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル