失意で死ぬ「ブロークンハート症候群」の危険性を外科医が指摘! “心の痛み”はガチで“心臓の傷み”、対策は○○することだった!

 愛する人を失い“心が引き裂かれる”と、実際に心臓に多大なダメージを与えて、死にさえつながることを有名な心臓血管外科医が指摘している。

失意で死ぬ「ブロークンハート症候群」の危険性を外科医が指摘! 心の痛みはガチで心臓の傷み、対策は○○することだった!の画像1イメージ画像:「Thinkstock」より


■精神的ショックで起こる“ブロークンハート症候群”とは

 オーストラリア外科医師会に属し、多数の著作も持つ心臓血管外科医のニッキ・スタンプ氏が、英紙「Daily Mail」に寄稿して心臓への“愛”を語っている。スタンプ氏は心臓のことがよくわかればわかるほど、“美しい臓器”である心臓が愛おしく思えてならないのだという。そしてまさに心は心臓であり、我々の感情を支配すると共に、心が痛む体験は実際に心臓にダメージを与えるとし、わかりやすく解説している。愛する人との離別による失意と傷心で死に至ることもあるというのだ。

 1990年代の初めに心臓発作に似た胸の痛みを訴える女性患者を検査したところ、冠状動脈には異常は見られず医師たちは当惑したのだが、話を聞くと、その当日に患者の10代の息子が自殺未遂を引き起こしていたのだ。まさに心の痛みが招いた心臓疾患ということになり、この症例から「ブロークンハート症候群」と名づけられた。

 スタンプ氏によれば、精神的ショックはアドレナリンやノルアドレナリン、ドーパミンなどのホルモンの分泌を促し、冠状動脈に一時的なダメージを与えて心臓発作に似た症状を引き起こすということである。そしてこのブロークンハート症候群に苛まれるのは圧倒的に女性が多いという。ブロークンハート症候群の患者の9割が女性という年もあるということだ。女性はそれだけ感情面の影響を心身に受けやすいということだろう。

 さらに閉経後の女性は、心臓を守る働きのあるホルモンであるエストロゲンの分泌が低下するので、心臓に、よりダメージを受けやすい状態にあるという。

人気連載

『クレイジージャーニー』出演ケロッピー前田、世界のカウンターカルチャーを追い続ける男の謎に迫る!

『クレイジージャーニー』出演ケロッピー前田、世界のカウンターカルチャーを追い続ける男の謎に迫る!

今夜21時からの「クレイジージャーニー」(TBS系列)は放送200回突破記念!少...

2023.01.30 17:00海外の連載
夜泣きにアヘン、溺れた者には「タバコ浣腸」……今では考えられない昔の医療! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

夜泣きにアヘン、溺れた者には「タバコ浣腸」……今では考えられない昔の医療! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2023.01.15 14:00歴史・民俗学
アートの題材となった死体写真…アラーキーからマニアしか知らない写真家まで! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

アートの題材となった死体写真…アラーキーからマニアしか知らない写真家まで! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.12.31 17:00歴史・民俗学
小池百合子が中国利権屋になった理由とは? 中国産太陽光パネルで都民税増税&地価暴落の恐れ=ジェームズ斉藤

小池百合子が中国利権屋になった理由とは? 中国産太陽光パネルで都民税増税&地価暴落の恐れ=ジェームズ斉藤

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.12.21 17:00日本
2023年を人生激変の年にする開運・波動グッズ4選! 願いが叶うクリスタル、財運が向上する八卦鏡、高波動プラチナフォトン

2023年を人生激変の年にする開運・波動グッズ4選! 願いが叶うクリスタル、財運が向上する八卦鏡、高波動プラチナフォトン

 広瀬学氏は、波動・スピリチュアルグッズの通信販売会社オプティマルライフ株式...

2023.01.20 13:00占い・開運

失意で死ぬ「ブロークンハート症候群」の危険性を外科医が指摘! “心の痛み”はガチで“心臓の傷み”、対策は○○することだった!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

人気記事ランキング05:35更新

トカナ TOCANA公式チャンネル