「自慰行為の禁止」を掲げる極右団体、オナニーした初老メンバーを半殺しに! 豪の激ヤバ右翼「プラウドボーイズ」とは?

 欧米で有名な右翼団体が、オーストラリアで、規則を破ったメンバーの顔面を強打し失明寸前の危機に陥らせた。暴行を受けなくてはならないほどの規則破りとは何なのか? 警察当局の取り調べによると、「自慰行為をしない」という団体規則を破ったことに端を発したらしい。


■“オナ禁”を破ったメンバーを半殺しに

 この右翼団体は自分たちのことをプラウドボーイズ(Proud Boys)、つまり「誇り高き男たち」と名乗る。その名前の通り、本人たちひとりひとりは、真面目な紳士同盟を結んでいるつもりなのだ。

「自慰行為の禁止」を掲げる極右団体、オナニーした初老メンバーを半殺しに! 豪の激ヤバ右翼「プラウドボーイズ」とは? の画像1 「Daily Mail」の記事より

 この団体において、誇りを汚す行為は一切許されない。ではなぜ自慰行為が、右寄りの誇りを傷つけることになるのか? そこには極右ならではの価値観が根底にある。

 彼らは自慰行為を「西洋の近代社会人がやることであり、節操がない」と位置付けているのだ。つまり、自慰行為は現代社会を肯定する行為になる、という方程式が彼らの頭の中にあるらしい。

 今回怒りを抑えられなかったプラウドボーイズのメンバー2人は、自慰行為は極右の世界では許されることではないとして、自慰行為をしたメンバーに体罰を与えた。その体罰とは、相手の顔面を容赦なく強打し失明寸前になるまで暴行を加えることだった。

 殴ったのは26歳の若手メンバーと40歳の男の2人。一方、殴られた56歳のメンバーは、体力溢れる2人から殴られ続け、視力が回復するかどうか現状では見通しが立たないという。

人気連載
ホームレスの「空き缶ビジネス」を体験してみた!ショッキングな結果に…村田らむレポート

ホームレスの「空き缶ビジネス」を体験してみた!ショッキングな結果に…村田らむレポート

――B級スポット、樹海や禁断の土地、ホームレス取材を得意とす...

人気連載
黒人の白雪姫をナンパして青姦、小人たちと乱交…! 人種・障害者・ゲイが絡む絶対封印映画『白雪姫とエッチな仲間たち』が酷すぎる!

黒人の白雪姫をナンパして青姦、小人たちと乱交…! 人種・障害者・ゲイが絡む絶対封印映画『白雪姫とエッチな仲間たち』が酷すぎる!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ