自宅を“全裸のタイムトラベラー”に襲撃にされた女が911に通報! 警察突入で判明した驚愕の正体とは!?【音声アリ】

自宅を全裸のタイムトラベラーに襲撃にされた女が911に通報! 警察突入で判明した驚愕の正体とは!?【音声アリ】の画像2画像は「Thinkstock」より引用

「(洗い息遣いで)Oh god……バスタブに男がいる。寝ているようだけど、両耳から血を流している、しかも裸だわ……待って、待って、ジョンなの!?」

 その人物に気付いたキャシーは心を落ち着かせるように聖書の一節を朗読し始める。

「ジョン……私の夫だわ。2001年に死んだ夫よ。だけど、彼のはずがない、ああ神様! まるで初めて会った時のように若返ってる。でも、夫と同じタトゥーがある……Oh my god」

 ようやく警察官が到着するが、茫然自失のキャシーは警察官の呼びかけに答えることができない。やむなく警察官は窓ガラスを破って屋内に入り、キャシーと全裸の男を発見。ここで通話が途切れている。

 音声を送った人物は、この事件の真相の解明をApex TVに依頼したいようだ。公開された動画ではモザイクを掛けられているが、キャシーは住所を明らかにしているため、直接自宅に伺うことも可能だろう。とはいえ、今もそこにキャシーがいるとは限らない。音声を送ってきた人物によると、911に連絡があった数時間後に調査の指揮権がFBIに移されたというからだ。当局が本気になっているとしたら、そう簡単に事件の真相を突き止めることはできないだろう。

 とはいえ、この音声にはいくつか不可解な点もあり、YouTubeユーザーらは、「作り物っぽい感じがする」、「演技っぽいし、911のオペレーターはこんな風に話さない」、「あまりにも静かすぎる」と指摘している。果たしてこの音声はフェイクなのか、それとも事実なのか。今後のApex TVの動きに注目したい。
(編集部)


参考:「Express」、「YouTube」、ほか

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ