奇習! 実父や兄が裸の少女を風呂場で“洗体”! 肉親同士で“妙な気”は…初潮を祝う東北地方の習慣!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5

【日本奇習紀行シリーズ】 東北地方

sentai_1.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

 浅田次郎原作で2011年に映画化された『日輪の遺産』では、終戦直前の時期に、極秘指令を受けた真柴少佐(演・堺雅人)が、12~13歳の女生徒たちを借り出し、マッカーサーの財宝を秘匿する作業を続ける姿が描かれているが、その任務完了後、彼女たちが作業の汗を流すために入浴した際に、福士誠治演じる小泉中尉が、彼女たちの背中を流してやったことを嬉しそうに報告するシーンが登場する。無論、現代の我々からすれば、成人男性が思春期の少女たちが入浴する風呂場へと入り、彼女たちの裸に触れるという行為自体が、そもそもで「アウト」。それこそ即座に実名入りで報道されかねない内容である。しかし、かつてこの国においては、こうした少女たちと成人男性による“裸のつきあい”が、“風習”として定着していたケースが存在していたのだという。


「まあ、昔はね、今みたいにうるさい時代じゃなかったし、それぞれもそういう意識があったわけではないから。だから、ああいう習慣がね、当たり前のように行われていたんだと思うよ」


 かつて、東北地方のとある地域で行われていたという、成人男性による、少女たちへの“洗体”習慣についてそう証言するのは、当地で生まれ育ち、現在は、関東地方の親類宅に身を寄せているという直木道助さん(仮名・80)。直木さんの話によると、その成人男性による少女への“洗体”は、初潮を祝う儀式として、かなり古い時代から行われていたものなのだという。


「昔はね、(少女たちが初潮を迎えると)赤飯を炊いたりしてお祝いをしたものなんだけれども、ああいうの(“洗体”行為)も、そういうお祝いの一環でね。あのあたりじゃ、無事に生まれ育って、大人の仲間入りをしたことをね、祝う意味でね、父親とか年上の兄弟なんかがね、風呂に入れてあげるっていう。そういう習慣なんだよ」

コメント

5:匿名2018年6月21日 00:31 | 返信

筆者の差別意識と悪意を感じる。

4:匿名2018年6月20日 00:29 | 返信

まあ現在では理解出来ない風習とか多いわな

そろそろ初潮の御赤飯も理解不明な風習になるだろうね

3:匿名2018年6月17日 03:57 | 返信

このシリーズ全般的にいつも疑問を持つのが、一体いつ頃の時代の話しなのかということ。
我が家の年寄り世代でも戦後生まれでこのような習慣は見たことも聞いたこともないという。
曾祖母は大正生まれの東北人(長生き♡)だが、やはりそんな因習は知らんという。
こんな記事を書くなら、せめて具体的な地域や年代くらいは指摘するべきではないのか?
それによる弊害を恐れるというなら、そもそも記事化するべきではないだろう。

2:匿名2018年6月16日 20:16 | 返信

女に囲まれて育ったが、正直…そんなの気持ち悪い…
はたから見ると美人らしいが、妹や姉と風呂??嫌すぎる。
見たいのは彼女の裸だけだ。ほかに興味なし。

1:匿名2018年6月16日 19:03 | 返信

こういう話を聞くとむしろ今の時代のほうがおかしいのかもと思えてくる。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。