【閲覧注意】卵巣で「毛と歯が生えた17歳のモンスター」を飼っていた女! 生理痛が重いと思ったら… 原因不明の「卵巣皮様嚢腫」が怖すぎる!

 英紙「Daily Mail」(5月17日付)によると、シカゴでジャーナリストとして活躍中のカル・ハックさんは、そのグラマラスな美貌からは想像しにくいが、長年あることで生き地獄を味わってきたという。重度の生理痛だ――。


■深刻なPMS(月経前症候群)に悩まされる

 カルさんが初潮を迎えたのは15歳のとき。いつかママになるための大切なステップと胸ふくらませていた少女にすれば、まさかそのときすでに、身体の奥で身の毛もよだつ生きものが、着々と育っていたとは夢にも思わなかっただろう。

【閲覧注意】卵巣で「毛と歯が生えた17歳のモンスター」を飼っていた女! 生理痛が重いと思ったら… 原因不明の「卵巣皮様嚢腫」が怖すぎる!の画像1カル・ハックさん 「Daily Mail」の記事より

 カルさんの試練は初潮直後から始まり、17年間深刻なPMS(月経前症候群)に苦しめられることになった。毎月毎月、激痛にのた打ち回り、吐き気をもよおし、ときには人前で嘔吐、気絶してしまうことすらあったそうだ。専門医に何度も足を運んだが、いつも鎮痛剤を処方され「たかが生理痛、我慢しなさい」と言われるばかりだったという。

「女性は医療関係者から『自分の身体なのに、何も知らない』と、揶揄されることがあります。また、痛みを訴えても『精神的なストレスから、おおげさに言ってるだけ』と、軽視されてしまいがちです」(カル・ハックさん)

 実際、アメリカのER(緊急救命室)では腹部の痛みを訴える患者のうち、男性は平均49分待たされるところ、女性は65分というデータがある。女性の方が痛みや血に慣れているという通説のせいか、医療の現場では、しばしばアンフェアな扱いが起こるようだ。

 正気でいられないほどの痛みに耐えながら、病院探しに奔走するカルさん。ある日、最後の望みを託してシカゴ市内の産婦人科医メーガン・シェルドン医師を訪ねた。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?