• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント8

■卵巣に「リトル・モンスター」がいた!

 シェルドン医師は、カルさんの窮状に真剣に耳を傾け、超音波検査を提案してくれたという。保険適用でも1回2万円するというが、カルさんは、わらにもすがる思いで検査の予約を入れた。その結果、カルさんはPMSだけでなく、そのうちの2~5%にあたる重症型、PMDD(premenstrual dysphoric disorder:月経前不快気分障害)であることが判明した。

littlemonster2.JPG
Daily Mail」の記事より

 さらに卵巣を精査したところ――なんと、片方の卵巣にフロリダオレンジ大の包嚢を発見。しかも、数本の“髪の毛”と“歯”まで生えているではないか!

 卵巣皮様嚢腫だった。teratomaと呼ばれているが、ギリシャ語の怪物が語源のため、「リトル・モンスター」の異名を持つ。この包嚢は、胚細胞の段階ですでに形成されるというからおぞましい。髪の毛や歯のほか、筋肉まで形成されることがあるようだが、詳しい原因は不明。卵子と卵子の自家受精による結果ではないかとする説もある。

littlemonster3.JPG
Daily Mail」の記事より

 ただ、実はこの奇形腫、さほど珍しくないという。卵巣の異常肥大のうち、約20%を占める。良性の腫瘍といわれるが、まれに悪性化してがんになる可能性もあるため、注意が必要とのことだ。

 急展開に驚きつつも、緊急手術に踏み切ったカルさん。幸い、包嚢は良性だったため、今後の妊娠にも、まったく問題ないという。

 現在のカルさんは、にっくきモンスターを退治した経験を生かし、ジャーナリストとしてウィメンズヘルスの啓蒙に関わっているそうだ。これからの活躍に期待したい。
(文=佐藤Kay)


参考:「Daily Mail」、「Womens Health」、ほか

コメント

8:匿名2018年6月12日 12:06 | 返信

結局、生理の時は辛くなくなったの?
そこまで書かなきゃ

7:トランプ大統領2018年6月12日 02:47 | 返信

俺を退治したってか?
甘いな、エイリアンの最新作を見ていないのか?
遺伝子を書き換えて化け物を作り出して殺す兵器のことさ。
こういう、腫瘍が出来るなら、意図的に腫瘍を作り出して殺す兵器も作れるということだ。
体の中から、違う人種の生物が体を食い破って出てきたらまさにエイリアンだ!
もしかして、人類はそうやって生まれてきたのかもしれない。
体に異変がううっうゎぁ~

6:匿名2018年6月11日 22:53 | 返信

よく耐えたよねこれ……病院も対応が適当過ぎる

5:けい2018年6月11日 22:25 | 返信

処女懐胎でググればわかるが、
米国の若い女性を対象にした調査で、200人に1人が処女のままで妊娠したと回答したということがあるらしい。

そのほとんどは世間体や両親に言い訳するための苦し紛れの真っ赤な嘘だとは思うが、
現代もジーザスはざらにいるのかもしれない。

4:匿名2018年6月11日 21:58 | 返信

リアルピノコ

3:匿名2018年6月11日 21:36 | 返信

レリィに失礼なのよさ

2:匿名2018年6月11日 20:46 | 返信

これはアッチョンブリケ

1:匿名遠藤ジョセフィン 2018年6月11日 20:19 | 返信

これはぼくが君の事、たいせつにしてないってことだよね、今まで気遣いしなくてごめんなさい

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。