130年間未解決の「ビール暗号」がヤバイ! 解読すれば70億円、挑戦者は皆破産…あなたは解けるか?

関連キーワード:

,

,

,

,

,

,

130年間未解決の「ビール暗号」がヤバイ! 解読すれば70億円、挑戦者は皆破産…あなたは解けるか? の画像3pre class=”stxt”>画像は「Mental Floss」より引用

「ビュフォードの店から4マイルほど離れたベットフォード郡の採掘抗で、地面より6フィートほどの深さに以下のものを埋めた。所有すべき者の名を同封の文書3に示す。

 最初の埋蔵物は、1014ポンドの金と3812ポンドの銀で、埋蔵の日付は1819年11月である。 第2の埋蔵物は、1821年の12月に埋蔵したもので1907ポンドの金、1288ポンドの銀、そして輸送の安全の為にセントルイスで銀と交換した宝石類1万3000ドル相当である。

 上記の金銀宝石類を、いくつかの鉄の容器に入れ、やはり鉄の蓋をした。採掘抗は粗い石垣のようになっているが、容器はしっかりとした石の上に置き、さらに石を積んで覆い隠すようにした。第1の書類には採掘抗の正確な位置を書いておいたので、容易に発見できるだろう」(Wikipediaより引用)

 という内容だった。ここに書かれた金銀宝石類は現在の価値で6500万ドル(約70億円)に相当するという。莫大な財宝に心躍らした友人Aは財宝の隠し場所が書かれた1枚目の暗号文の解読に取り組むが、成功しなかった。その後、友人Aは1885年に暗号文を公表する小冊子を発行した。

 それから130年以上経ち、プロ・アマ問わず暗号解読の専門家らも解読に挑戦したが、今日まで誰一人として成功した者はいない。だが、ヴァージニア州の法律では埋蔵物の所有権は土地の所有者ではなく発見者が持つということもあり、ビールの財宝を探し続け身を滅ぼす者は後を絶たないという。

 海外サイト「Mental Floss」(6月4日付)によると80年代前半には、スタン・チャノフスキーという人物が7万ドル(約770万円)を投じ、7年かけてダイナマイトとブルドーザーを使い、財宝が隠されていそうな場所を探し回ったが見つからず破産。アメリカ暗号協会の編集者は、ビール暗号の解読に熱中しすぎたため、職を失った。

130年間未解決の「ビール暗号」がヤバイ! 解読すれば70億円、挑戦者は皆破産…あなたは解けるか?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル