• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
tegoshi_naruko.jpg
画像は、手越祐也

 ジャニーズ事務所所属のNEWS小山慶一郎、加藤シゲアキに続いて手越祐也まで未成年女子と飲酒していたと週刊文春に報じられた。だが小山と加藤の時とは違って、テレビ局やスポーツ紙は完全にスルーで、無かったことにしてしまった。手越が乱痴気騒ぎしている動画まで公開されたのだが、ジャニーズは「未成年女子が酒を飲んだと断言できる完全な証拠はない」というかなり苦しい言い訳をして、マスコミに圧力を掛けて報道を封じ込めてしまった。

 小山、加藤ときて、やはり本命の手越も“文春砲”にやられてしまった。昨年末、会員制ダーツバーで、当時17歳と19歳の芸能事務所に所属しているタレントの卵たちとパーティーを開催。テーブルの上にクリスタルなど高級シャンパンが並べられている動画を公開されてしまった。だが、それぞれの所属事務所は口裏を合わせたように、飲酒に関しては否定。どういうわけか報道直前に17歳の女子は事務所との契約を解除されてしまった。

 1週間前の未成年女子飲酒強要報道で小山が活動自粛、加藤も厳重注意と反省文の提出という処分を食らっているとあって、手越もお咎め無しでは済まないというのが大方の見方だったのだが、何事も無かったかのように時間が流れている。

「ジャニーズは『未成年は酒を飲んでいなかった』ということで押し通すことに決めた。動画の中で手越は、嵐の口パクをばらしこそすれども、小山のように一気飲みを強要するコールをしているわけでもない。それを逆手に取って、推定無罪だと強硬に主張し、息がかかったマスコミの報道をシャットアウトした」(ワイドショー関係者)

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。